一般的、あるいは一般論は危険だと言うこと

2018年7月6日

シュタイナー学校は1919年にシュトゥットガルトに最初の学校が出来たので、来年で百年目を迎えます。当時学校を作るにあたり二週間に及ぶ集中講座が先生になる人たちのために行われました。1日に3講座が、朝・昼・晩と二週間にわたって行われたハードなものでした。そのときの講義録は全て本となっていますから読むことが出来ます。

午前の部の講義録は「一般人間学」と呼ばれ、シュタイナー教育に関心を持つ人は必ず一度は手にする本です。しかし手にしたもののなかなか手ごわい本ですから、シュタイナー教育の入門書として読むには向かないでしょう。私はむしろ「奥義書」ではないかと思っています。シュタイナー教育が基礎としているものが凝縮されていて、何度もこの本に立ち返り繰り返し読みました。

 

一般人間学は訳語で、ドイツ語ではA l l g e m e i n e   M e n s c h e n k u n d eですから、取り敢えずは一般人間学で正しいのですが、でも正しくないとも言えるとこがあり、重箱の隅を突っつくようなみみっちいことかもしれないのですが、「一般」と訳されているところに注意したいのです。

結論だけ先に行っておくと、わたしは「一般」と訳されているところを「普遍」としたいのです。シュタイナーは二週間に渡る午前の講義で人間について一般的なことを語った訳ではなく、人間とは何かを教育と言う仕事を踏まえながら話したので、一般的なことを話したのではなく人間の普遍性とも言えるところに触れているのです。

一般的と普遍的とは違います。

一般というのはみんなに共通したと言う意味があります。例えば人間というのは成長の流れで皆んなに共通したものを通過して行きます。歯が生え替わるとか、思春期が来て肉体的には性的な特徴が顕著になり、心の側から見ると反抗期という時期があります。誰もが避けて通れないもので、それを一般と呼ぶこともできるのですが、成長の際に通過するそうしたことはみんなに共通しているという観点からではなく、一人の人間の中に内在するものと言う観点から見るとき、成長の流れは重みを持って来ます。

私は一般的なというスタンスがどうも苦手だと言うこともあるのですが、一般と普遍との間には相当大きな違いがあるはずで、そこは曖昧にして置きたくないのです。たしかに今日の言葉遣いからして普遍的と言う言葉は大仰で、まかり間違えると宗教の教義の様なものにすり替えられてしまいかねませんが、それだから言って逃げ腰になる必要はなく、堂々と「人間を普遍的な観点から述べているものです」と主張していいものだと思っています。

 

 

一般的なものと言うのはこんな感じです。今中東で起こっている戦争で、自爆テロの犠牲者や大国の爆撃で亡くなった人たちを、新聞やテレビの報道が「今日は何人が犠牲になりました」と数字を報道しますが、抽象的な数字に置き換えらることで、事の次第が一般の人にも伝わりやすくなるのでしょう。

一般の反対は何かと言うと、具体的な現実です。爆撃で亡ったのは「ある人のお父さん」であり「ある人のお子さんや兄弟姉妹」であったりするのです。そこには人間としての心の悲しみが伴っているものです。人間が亡くなるということを単なる数字に置き換えてしまうところが、一般化の中に潜む恐ろしいところと言っていいのではないのでしょうか。お父さんやお子さんを喪った悲しみ、この現実は一人の人間にとって掛け替えのない事なのにどこに行ってしまったのでしょうか。子どもからすればたった一人のお父さんですし、親から見れば愛するお子さんなのです。例えば「昨日の爆撃では50人が犠牲者でしたから、今日の爆撃は比較的小規模だといえます」と行ったニュースの報道に触れると、なんだか虚しくなってくるのです。怒りさえ覚えます。

一人の掛け替えのない命が奪われるのです。戦争犠牲者が数字で示されているうちは戦争は無くならないと信じています。その数字で説明するという姿勢は今では中毒のように蔓延していますが、それが続けば数字に麻痺して戦争がエスカレートしかねない危険すら感じます。

 

もう一つ一般化に潜む危険はパターン化です。パターン化されるところで何が起こっているのかと言うと思考の停止です。思考のベースは問うことだからです。幼児の成長でも、「なに」と言うレベルから「なぜ」に移行するところが見られますが、「なに」と言う覚えるだけでは人間は満ち足りないと言うことです。「なぜ」に移行するとき、人間は宇宙の中で、宇宙に向かって一人立ちします。考える一人一人の人間全てが宇宙の中心なのです。思考が停止すれば一般的なものに流されてしまうのです。

普遍と言う言葉の中に私は一人ひとりの存在の重さを感じるのです。

最近の教育のスローガンの中に個性を強調する言葉が出没します。そこで言われている個性というのは、他人と違うと言う事を強調する傾向が強いと感じるので簡単に受け入れ難いものです。一般的なものに流されがちな中で、一般的と言う考え方に反抗しているのかもしれません。でもそれでは個性は生まれません。

個性と言うのは 自分を貫く所からからしか生まれるものです。それはみんなと同じかどうか、みんなと違うかどうかの問題では無く、自分の中の自分を見つけ出すプロセスできわめて孤独な作業です。しかしこの孤独は孤立とは違います。孤立は周囲と自分を比較するとき産まれる副産物で、ここにも一般的と言う考え方が影を落としています。

自分の中には人間存在が貫いていて、その力で周囲に、世界に宇宙に向かって立っていると言うのが普遍という捉え方です。それは孤独なものですが、その孤独から生まれるの副産物は生きて行く力です。

だから私は一般人間学では無く、普遍人間学という言い方をとりたいのです。

 

 

 

演奏家たちの姿勢、オイストラフ、フォイアマン、ユジャ・ワン

2018年4月25日

演奏している時の姿勢はとても大切です。今日まず取り上げるのはロシアのヴァイオリニスト、ダヴィット・オイストラフです。

彼の何がそんなに印象深いのかというと、微動だにせずに演奏するところです。驚くほど動きがない人です。背も高く、体格も良く、太い幹がまっすぐ立っているようなのです。まるで樹齢何百年の大木が演奏しているかのようです。大地からこんこんと音楽が彼の立ち姿の内側を通って湧き上がってくる、そんな感じです。

動かない演奏家たちの演奏には大きな特徴があります。音楽の骨格がよく聞こえる事です。音楽には骨格があるのです。骨格のない音楽は骨抜きです。ですから私にとって音楽を聞くというのは、その音楽の骨格を感じることなので、音楽の骨格を感じさせてくれない音楽は音楽を聞く楽しみが無いだけでなく、ただ音が集まっているだけで音楽というものが聞こえてこないこともあります。

 

エマヌエル・フォイアマンという私が何度かこのブログでも取り上げたことのあるチェリストも音楽の骨格を聞かせてくれる演奏家で、残されている映像が証明しているように動かない演奏家でした。チェロなので座って弾いていますが、しっかり背骨を通った骨格のある音楽です。

体全身で音楽を感じ演奏した方が音楽が生きてくるということで、激しく動きながら演奏する人もいますが、私はそうは思いません。体を動かせば動かすほど、音楽は骨格から離れてしまいます。ここでいう音楽の骨格のことがわからないうちは表情付けに走り誤魔化すことがあります。それは人によっては演奏家の個性であり、音楽的解釈ということになるのでしょうが、音楽とは精神性のある深いものです。知的遊戯でいい音楽は生まれません。さらに今日では個性という言い方で重んじられていますし、歓迎されてもいますが、表面的なパフォーマンスに過ぎないもので、本当の個性とは知的遊戯の産物ではなく、もう一つ次元が上の静けさの中にあってさりげないものです。

動かない演奏家たちは音楽を解釈しているのでも、個性を主張しているのでもなく、音楽のための道具と化していて、それはある意味無私の状態で演奏していると言えるものなのです。演奏を純粋に音楽に捧げる、それは内的静けさからしか生まれないのです。

そのように演奏された音楽の元で初めて聞き手としての私は音楽に出会えるので、解釈された音楽からは演奏家のエゴに包まれた音楽しか聞こえてこないのがほとんどです。それは芯のない、ご機嫌を伺っているうるさいもので、もっというと音楽に失礼だと思う事すらあるのです。

 

若手の女性ピアニスト、ユジャ・ワン(王羽佳)の演奏をよく聞きます。You Tubeでたくさん見られますからぜひ見てください(yuja wangて検索した方がたくさん見られます)。その時ぜひ人間業とは思えない超絶技巧を物ともせず弾く彼女の姿勢に注意してみてください。どんな風に弾こうが姿勢を崩すことはありません。超絶技巧とは裏腹に非常にストイックで、余計な動きは一切なく、見せびらかしのパフォーマンスの落とし穴に落ちることもなく、淡々と何事もなかったように弾ききってしまいます。彼女は音楽の骨格を生まれながらにして知っていたかのようで、幼い頃の演奏にすでに不動の演奏が見られます。

彼女の演奏から生まれる音楽は、音量がどんなに大きな曲からも静けさが味わえ、透明感のある音質で安心して聴いていられるのです。彼女はまた伴奏者としても優れたものを持っていて、いつもパートナーとのバランスが良く聴き入ってしまいます。

 

今日は音楽の骨格などという普段耳にしないことについてお話ししましたが、音楽に限らず、精神文化の底辺を流れている思想だと思いますので、これからも折に触れて書くつもりです。また今日取り上げた音楽家以外にも骨格を知っている演奏家はまだまだいますので機会あるごとに紹介してゆきたいと思います。

孫の誕生

2018年4月23日

4月22日(日)17:50に孫が生まれました。

去年の8月に息子の所に子どもが出来たと知らされてから(4月15日が予定日)楽しみにしていましたが、無事にお産が終わり、

アメリエ・もも

と名付けられた女の子の人生が始まったと同時に、焦点の定まらなかった楽しみは具体的になり、命が繋がってゆく喜びに変わっています。

 

すでに孫持ちの友人たちからは「いいもんだよ」と言われ続け、そういうものかと軽く受け流していましたが、まだ見ていないとは言え、孫のいる人生が始まり、私なりの孫体験が始まっています。たくさん物が詰まっている荷物を背負っているのにも関わらずちっとも重さを感じないことに面食らいながら、人生にはこういう喜びもあったのかと、感慨をもって孫持ち人生をかみしめ始めたところです。

 

子孫という言い方があり、自分の子ども、またその子どもと未来に向かって繋がることをさり気なく言っているわけですが、子どもを授かった時は子育てに夢中で実感できなかったものですが、孫の誕生をきっかけに、子孫という言葉の意味が身近なものとして感じられるのです。

孫が生まれるというのは、親になる時とは違うものです。親になるまでには真剣なプロセスがあって、いよいよ親になったという思いでしたが、祖父というのは知らず知らずのうちに祖父に自動的に移行して行くので面食らっています。

自分がある日突然「お爺ちゃん」と呼ばれるようになるわけです。それだけでなく、急に年を取った雰囲気が周囲に漂い始めたりもして、それを払拭しようと無駄なあがきをしています。

 

息子には日本語を教えませんでした。そのことを息子は何度も「残念だった」と言います。もちろん理由あってのことで、当時私は情緒障害の子どもの世話をする仕事にあって、そこにいた子どもたちは全員家族の中に二つ以上の言葉をもち、その言葉が混沌と混じりあい飛び交っていたのです。子どもたちは言葉の混乱から心の安定を損なっていたのでした。心を支える母国語のない子どもたちの悲劇を目の当たりにしていた当時の私には、流暢に(本当は表面的)いくつもの言葉を使える子どもより、一つの言葉の中で安定した心の持ち主になって欲しという願いがあったのでした。

成人として知り合った人たちの中にも何カ国もの言葉を母国語レベルで話せる人がいて、その人たちからも心の不安定を感じ、それだけでなく人間性の部分に芯の無いもの、あるいは影のような煮え切らないものを感じていたことも子どもたちに一カ国語でやると決めた理由です。大人になってからでも勉強すればそれなりにできるようになるものだと自分の経験から感じてもいました。その息子から、孫には日本語で喋って欲しいと頼まれています。

 

まだ生まれたばかりの小さな命です。まずはお母さんとお父さんからたっぷり愛してもらいたくましく育って欲しいと願う気持ちでいっぱいです。

 

孫の生まれた日は、今は亡き父の誕生日で、それはすでに四年前から祝うことのない日になっていたところに、孫がこの日を再び私の人生にとって意味ある日にしてくれました。