思い出のブログの再録です

2019年3月23日

以前に書いたブログに、正確には六年前のブログです、毎日のようにロシア語で解除しろというコメントが入るので、それを解除して、ここに新たに別のタイトルにして載せます。

 

 

その時のブログの内容です

勝手な想像ですが、庭という言葉が俄(にわか)からきている、そんな気がしました。文字にしてしまうと別のことですが、音として聞けば近いものに聞こえます。言葉はそもそも音の方が先で、音の意味の方が本質であることが多いもので、俄と庭はブロクで遊べると思ったのです。

庭というのはもしかすると俄自然という意味かもしれないのです。

俄はあまり使わないのでここで確認しておくと、俄雨というのが一番知られている使い方です。

突然降り出した雨とか、本降りにならない通り雨のような雨のことを言います。

もう一つよく耳にするのは俄芝居と言う言い方です。俄狂言の方が歴史的な言い方です。素人のやる芝居やる芝居のような感じがしますが、必ずしもそうではなく、俄芝居を本職にする役者もいるので、何が本当の俄芝居かと言うのは定義し兼ねます。普通の芝居とは舞台づくり、衣装、カツラ、化粧などが少しずれているのが特徴です。

庭というのは本当の自然とはちがうもの、あるいは自然の一部を切り取ったもの、自然らしく仕立てたものかもしれません。

日本の庭の特徴は何かと整理していて「時間の流れ」が表現されているように感じたのです。庭にはヴィジアルな景色としての俄自然と時間的に俄時間が表現されているのだということです。

自然の中を流れている時間は悠久です。自然を見て悠久を感じるのは、私たちが自然を見たときに時間を感じているということです。何年、何百年どこではなく、何千年、何万年、何百万年という、現実には体験できない時間を生きながらにして表現しているのです。何百万年もかかる水晶の結晶も実際には体験できない時間を経て私たちの目の前にあるのです。形になった悠久なのかもしれません。

そんな目も眩むような時間を日本の庭は真似ようとしているのかもしれないと考えたのです。そう考えると庭がとてもいとおしく感じられるのです。

日本の庭のことをドイツ語で書くにあたって、ドイツ人が書いた日本の庭に関するものを読んでみましたが、期待はずれでした。

造形的なものの説明、歴史的な位置付け、庭のひろさなといった極めて物質的な(表面的な)視点から眺めているだけだったからです。アンバランスの美などは情熱をこめて語りますが、庭という形の向こうにあるものには目がゆかないのです。

ドイツにも日本庭園と銘打った庭があります。しかしそれらも形は日本で、鉄の柵の代わりに竹の柵がしてあったり、植えてある気が日本でという表面的なもので終始しています。そこで写真を撮ればまるで日本に来たようなものになるのでしょうが、庭にいても日本の庭にいるという実感は湧いてこないものです。もし彼らが日本の庭に生きている時間への思いを少しでも理解していれば、別のものになったのではないか、そんな風に感じています。

二千十三年五月三十日に発表したブロクでした。

仲正雄

再び性について

2019年1月30日

性は外と内に向かう強い力です。

とはいえ、それがはっきりと私たちを捉えるのは思春期に入ってからで、その時、性はまず激しい欲求を持った性欲として一気に花開きます。バックアップしているのは肉体的な性の分離で、男子の場合、自分にないものを相手の女子が持っていることが気になって仕方なく、女性の美しいヌードポスターを漁ったりして欲望を満たし、女子は男子の気を引くために目立つようなものを着たり派手なものを身につけたりするようになりと、お互いに異性ヘ関心が急速に芽生えます。異性はある日突然と言っていいほどの勢いで暗闇の中から現れ眩しい光を放ち目をくらませます。

男の子にも女の子にも恋心が芽生え好きな人が現れます。あるいは一人の異性をわけもなく好きになってしまい、周囲から冷やかされたりして初恋の喜びに浸ります。わけのわからない恋心が先か具体的な一人が先かは鶏と卵でどちらが先かは人それぞれですが、いずれにしろ肉体的な接触への憧れへと進展し、だんだん露骨になって結ばれることを夢見るまで発展します。初めは手が触れるだけでも電気が走るほどですが、性欲は前に向かって突き進みます。

どんな人を好きになるのかは、蓼食う虫も好き好きですから法則や決まりなどはなく、「お前あんなのが好きなのかよ」「あんなののどこがいいの」と他人から見れば全く理解できないカップルが生まれるのですがそれでいいのです。恋心が純粋なほど周囲から見れば不可解なものです。

思春期の恋愛はこの時期の一番大切な仕事と呼びたいほどです。この時期に受験勉強と称して勉強に明け暮れしていては人間としての成長に大きなダメージがあり、成人してからの人間形成、人格形成に支障をきたす原因となるように思えてなりません。思春期にぜひ好きな人に思いっきり思いを寄せ恋心を燃やしてほしいものです。それは単に性欲に振り回されているのとは違い性欲が精神化したものなのです。

恋に燃え尽きてしまうほどの恋愛から何かを期待しても無駄です。カスも残らないくらい燃えてしまえば跡形もないのです。ところがそれははっきりと個の確立、自分の誕生につながるプロセスで、「誰がなんと言おうと、一人の人を好きになった」という経験は自分に対しての自信を生むものです。相思相愛の恋は珍しいもので、片思いに終わったり、振られることの方が普通ですが、その時の痛みもバネになって次の成長につながるものです。

片思いというのは何も恋愛にだけ起こるものではなく、人生のいろいろな状況で、自分だけの思い込みというのはしょっちゅうあって、こちらの気持ちが相手に届かない時の虚しさは年齢を重ねても辛いものですが、若い時に経験しておく方が立ち直りが早く、その後の人生でも視野を広げてくれるものです。

性欲によって生じる恋心、そこで繰り広げられる恋愛は私たちを内面化する、私たちの内面の世界に気づかせる貴重な経験で、内面化してゆく中で個、自分の誕生のために大きな力となるものだといいたいのです。そこで生まれる個、自分は、特に挫折を伴っている場合は、たくましいもので、孤独になっても孤立することのないしなやかな個、自分の様に思えてなりません。

性はいつの時代もビジネス化され商売のターゲットになったもので、今日も変わりなく商品化されて売り物になっています。にも関わらず性は人間に備わった頼もしい味方なのです。そのことは忘れてはならないことだと思います。人間には性があるから育つものがあるのだということです。それはきっといつの時代にも当てはまる性の魔法からの妙薬によって作り出されている摩訶不思議なもののようです。

 

自然の中の人間、人間の中の自然

2019年1月29日

自然と人間の調和に大きな関心が寄せられるようになって半世紀が経つでしょうか。アメリカのカーソンが農薬によって鳥が激変したことを著した「沈黙の春(1962年出版)」が火付け役となって、静かな運動として始まったものですが、本がベストセラーになり次第に社会運動となり、今日では大きな経済力を背景にした世界規模の大運動に成長しました。

自然と人間はヨーロッパの歴史を見ると決して幸せな間柄ではありませんでした。ローマ時代から自然を開拓して都市を作ることが盛んになります。そしてそれが進歩であり発展とみなされたわけで、次第にヨーロッパ全土に広がってゆきました。都市化と産業の発達に自然は虐げられ続けたヨーロッパでしたが、今日はその反動としての自然保護運動に転化しています。

日本も近代化を進める中で欧米の後を追いかけ、自然を思う存分破壊して発展して来たわけですが、日本に元々ある自然観がそこで全く発言権を持たずに、西洋の近代化の怒涛を指をくわえて見ていたというのが私には不思議なりません。自然と人間は一体のものだなんて、近代化を進める当時のインテリ人たちにしてみれば、幼稚な古代ギリャの自然哲学のように蔑むものだったようで、自然が土俵際まで追い詰められます。しかし公害や環境破壊となって社会的に多くの弊害をもたらし、外国から輸入された自然保護思想の影響で自然が新たな文脈の中で語られる時代が到来しました。

 

日本の古来からの考え方からすると、自然と人間は対立するものでも調和するものでもないのです。調和も違うのですかと聞かれそうですが、欧米的な考え方からは日本的自然観は出てこないものです。

それは紛れもなく一体感です。自然と人間の中にある強烈な共感力が引き合って生まれる一体感です。例えば、天はアマで、海もアマです。広大な海の広がりを目の前にすると、いつしか海と天が一つになってどこからが天でどこまでが海なのかわからなくなってしまいます。単なる自然現象とみればぼんやりと境界線が見えなくなると言えばいいだけですが、天にも海にも命があります。その命が引きあいながら一つになるのです。自然と人間もよく似ていて、両者の命が共感力によって引き合いながら一つになってしまうのです。

欧米の自然観、特に自然環境保護運動に感じる自然観の根底は命の共感ではなく自然現象の観察です。自然の中で起こっていることを科学的に証明することが大切な仕事です。自然を相手取ったものとはいえ科学の一分野なのです。冷静な知的作業です。

日本にあった、実は今も潜在的にはあると思いますが、自然と人間の一体感は自然現象を超えたものです。証明ではなく、ましてや知的作業でもなく、そこには命が一つになることの美しさがあります。それは美的体験です。それは美しいのです。自然は人間が愛おしく、人間は自然に畏敬の念で向かい、その共感の力から生まれるのは存在していることへの感謝です。

美的体験は言葉にするのが難しいものです。神道の「神のことは言挙げせず(神様のことは言葉で説明しない)」という基本姿勢は、自然と人間のこの不思議な関わりのことを言っているのかも知れない、そんな気がします。