シューベルトの未完成交響曲 その二 

2016年8月28日

この曲はシューベルトの代表作です。シューベルトといえばこの曲がすぐ浮かんでくるでしょう。昔のシューベルトの映画のタイトルも、未完成交響曲でした。

私もこの音楽にシューベルトを感じます。シューベルトらしさ、シューベルトの本質というそよそよしい言い方ではなく、シューベルトをです。

最近では、グレートと呼ばれているハ長調ではなく、この曲がシューベルトの最後の交響曲とみとめられていますからシューベルトが到達した境地のひとつとみなしてよいものです。

 

私がこの曲の特徴の一つだと考えているのは、この曲は素人のオーケストラが演奏してもそれなりに聞けることです。細部を見ればあらっ削りだったりして、聞きづらいところがあるのですが、それで音楽としてだめなのかというとそんなことはないのです。

逆に一流の指揮者で一流のオーケストラで聞いても、何か物足りないのです。物足りないだけでなく、白々しく感じることもあります。

上手下手ということから逸脱しているのが未完成交響曲だということです。

こんなことは他の音楽ではあり得ないことです。プロがうまくて素人が下手なのです。ところが未完成だけはそうではないのです。

もちろん、どうしてかと色々考えてきました。そのことで他の人の意見も聞きたいと持ちかけるのですが、私ほどの情熱でこの曲を聴いている人は少なく、いつも空振りです。

今の時点ではどうしてそんなことが起こっているのか、わかりません、と言っておきます。

 

ただこの曲のそこのところに気がついてからは、上手というのが落とし穴ですらあるのだとわかったことです。衒いと驕りという落とし穴です。

みんな努力して上手になろうとしているはずです。技術が問われる範囲では、有効な考え方ですが、技術を超えた世界もあるのですから、上手になることで手に入れられるものには限界があるということになります。結論をいうと、形のあるものに関しては上手がものを言うということです。例えば、素人が縫った洋服は着られたものではありません。やはり優秀なテーラーに縫ってもらいたいものです。

しかし人生を上手に生きるというのはどういうことかと考えてみると、答えは無数にあるはずです。出世して有名になり、金持ちになることを多くの人が憧れていますが、形として見える人生を見ているわけで、無数の可能性の一つに過ぎないものです。

そしてそれが必ずしも幸せへの道ではないということも皮肉なことです。

人生って未完成交響曲のようなものではなのか、そんな気がしています。

下手な人生にも味があるものです。

 

 

シューベルトの未完成交響曲 その一

2016年8月28日

久しぶりの投稿はやはりシューベルトです。

私はこの作曲家から実にたくさんの示唆を受けたからです。

この作曲家のことを考えることで、いろいろな不思議に気付かされたからです。

 

その一つは東洋と西洋の問題です。シューベルトは歴史上西洋人として一番東洋を知っていた人です。彼が生きた当時は情報的には今日とは比べ物にならないほど東洋のことは知られていませんでした。しかしそれでも私は、旅行と様々な情報を通してシューベルトの何百倍も知っている現代人とは比べられない深さで彼は東洋に通じていたと信じています。

二つ目は、今日取り上げている未完成交響曲に如実に表れている、後ろ姿で語る音楽です。西洋の音楽はルネッサンス以降、あるいはグレゴリオ聖歌以降の音楽は、現代音楽と呼ばれているものに至るまで全て、マーラーを除いて、こちらを向いている音楽です。こちらを向いて何か言っているのです。表情をつけ、意見を言いながらパントマイムをしています。シューベルトの未完成は、西洋で生まれた音楽としては極めて珍しく、こちらを向くことなく後ろ姿で音楽をしているのです。が、西洋音楽の歴史の中を根強く生きてきた習慣上、こちらを向いて音楽をすることしか考えられないので、演奏される段になるとシューベルトの未完成も、せっかく後ろ向きの音楽なのに、力づくでこちらを向かせてしまいます。残念ですが致し方のないところです。

三番目は伴奏という考え方です。シューベルトが600曲以上の歌を作っていることはよく知られています。そのために歌曲の王というあだ名が付いているわけですが、彼の歌に就て語るとき、ほとんどが歌のメロディーを取り上げますが、私は彼があの膨大な数の歌を作ることができた大切な要因は、彼が伴奏を作る才能に恵まれていたからだと思っています。彼の人生観の中に自分のことを主張するよりも他人を伴奏をすることが強くあったのだと考えるのです。歌の伴奏はそんなものとは関係ないと考える人もいると思いますが、私はあえて、一見関係がないように思われる二つですが深く結びついているものですと言います。音楽を作曲技術で作っている人逹にとっては無関係なのでしょうが、音楽がその人の存在から生まれてくるような場合、全ては深いところでつながっているのです。

 

 

 

残暑お見舞い申し上げます

2016年8月16日

皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

ブログへの投稿、ずいぶんとご無沙汰をしてしまいましたがまた少しずつ書いて行こうと思っています。

お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

 

さて、

 

仲正雄窓口を通して、春と秋のツアーでお世話になっている主催者の皆様へ 

 

秋の行動のことをなにも決めていないのが気になっています。

すでに希望を出されている主催者の方たちとは個人的に対応しましたが、これから具体的に予定を組んで行こうと思っています。

11月をフルに使おうと考えています。

皆様の予定される企画がその期間に収まるようでしたら、ぜひご一緒させてください。

喜んで参上いたします。

 

仲正雄