ロゴスは言葉と数字と思考ともしかしたら嘘諸々の混ざったものです

2020年11月23日

ヨハネ福音書の冒頭の、初めに言葉ありき、はじめに言葉があった、というのは正しく訳されているのでしょうか。私は違うと考えています。

ここで言葉と訳されているのはロゴスです。ということは言葉に限ったことではないはずなのです。ロゴスということはギリシャ語で、数学、論理、思考、そして嘘と言った幅広い世界を言い表していて、言葉と訳されては誤解を招いてしまいます。特に現代人は言葉は単に記号的に意味しか読み取りませんから、ロゴスが言葉ということでは、聖書が言いたいことが正しく伝えられていないように思うのです。

では初めに何があったと言えばいいのでしょうか。

広い意味で知性です。人間を知的なものだと言いたいのだと思います。それを神様からもらったということです。ギリシャ語のソフィア、叡智からきているのかもしれません。旧約聖書では林檎を食べたアダムとなります。

 

二千年の間キリスト教社会はロゴス、すなわち知性を膨大なエネルギーを費やし切磋琢磨したと言えます。18世紀にフランスで興った主知主義は知性偏重極まりないものですが、これも典型的なキリスト教文化の落とし子だと私は考えています。

知性は人間の能力の一つに過ぎないということは忘れてはいけないことで、特に傾くと、無駄を省く合理的な世界に向かって進むことになります。人間性が知性に占拠されて他の能力が退けられてしまい、人間存在が痩せ細ってしまったように思えるのです。そして合理的であることを極めるとどうなるのかというと、怠惰という落とし穴に落ちてしまいます。自分でしないで済むように考えるのです。

二千年の合理化の歴史は機械作りに専念したと言えるのですが、要は機械に働かせるのです。自分が楽をするための機械作りです。コンピューターもそうした機械づくりの一旦だと私は考えています。

合理的というのは便利とも言い換えられます。現代社会は便利の追求にイトマがありません。生活はますます便利になってゆくでしょう。

マルクスの思想をここで引き合いに出すと驚かれるかもしれませんが。マルクス思想は合理主義を極めたものです。この思想は宗教をアヘンだとか言って切り捨てていて、キリスト教思想とは別のように振る舞っていますが、私はキリスト教思想の行き着いたところがマルクス思想ではないかと考えています。この思想は超合理的と位置付けてもいいようです。人間を平等に扱っう社会を理想としているてころは実に合理的に考えられていますが、現実には全く逆のことが起こっています。ロゴスに含まれる嘘が頭をもたげ、合理主義の矛盾を垣間見せます。

知性は極まると自己壊滅という道を歩み、せっかくの知的能力をも食い潰してしまうのです。それだけでなく、もしかすると人生そのものをも食い潰してしまうのかもしれません。

知性にブレーキはかけられるのでしょうか。

初めにロゴスありきということで始まった今までの二千年ですが、次の二千年にはロゴスを超えたものが必要です。それが知性にブレーキをかけてくれるものだと考えます。

ロゴスは神様から与えられたものです。神様は次に何を用意してくれているのでしょうか。知性を超えるものと言うのはどんなものなのでしょうか。

時々私の心は白紙になってしまうことがあります。

2020年11月19日

人の心の中というのは、一日に何万という想念が駆け巡るそうです。心は休まずに活動しているのです。私の心も同じように休まず動き回っているはずです。ところが、時々、本当に時々です、自分の心が白紙になってしまったように感じることがあるんです。白紙になりたいではなく(願望ではなく)、なってしまうのです(結果としてです)。子どもの頃からあったようです。思春期あたりで少しずつ意識できるようになって今に至っています。

その状態にいる時はその時まででいたことが、突然できなくなってしまいます。ほとんど一瞬のことなのであまり不自由に思ったことはありません。

イメージとしてしか伝えられないのですが、あえて言えばぼんやりの延長です。不思議なのはその時は諸々の価値が消えてしまうということです。ここで価値というのは一般的な価値のことです。世界に共通の価値です。その価値が支配する世界の住人ではなくなってしまうのです。もしこれが続いたらと考えるとゾッとします。非常に危険です。価値の喪失症候群という言い方があるのかどうかしれませんが、価値を判断できないのでは人間と呼んでいいのかどうか定かではありません。その瞬間私は人間でなくなったと感じることがあります。

幸い私の場合は極めて短い時間です。普段の生活の中でぼんやりすることがありますが、それによく似ています。ボーとしている以上のボーです。白紙というのはボーとしている状態が危ないくらいに煮詰まった感じです。

自分ではまた来たと言う感じだけです。それは津波のようにくるのです。そして一瞬にして価値喪失が起こるのです。

この状態、誤解を覚悟で言うと案外気持ちのいい状態で、よく言えばリラックスしているとも言えるかもしれません。本当に好きなことに没頭しているときにも似ています。好きな音楽に自分が溶けてしまったようなのも似ています。

そこから返ってくる時がまたスリルがあるのです。一瞬真っ白なキャンバスの前に立っているようなもので、全てが新しく始まるように感じます。真っ白と感じるのは返ってくる時で、価値が消える津波は貧血のようなものでくらっとするだけです。

価値が消えて再び戻ってくる時ですが、それは瞬時に起こるのですが、再び戻ってくると言う感じと、全く新しい世界にゆくのだという両方の意識が一緒くたに混ざっています。白紙状態と言ってきましたが実は白痴状態です。

人間ってこうして生まれてくるのかと勝手に想像しています。小さい時のことは覚えていませんからあくまで想像です。

価値の喪失について最後に触れておきます。

色々な価値にどうしても付き纏っている日常からの利害と言う厄介なものがその真っ白になった状態のあとでは和らいでいるのです。昔の価値観が戻ってくる訳ですが、そこから利害関係が抜けるような感じです。

利害関係というのはどうしようもないもので、英語のinterestは関心、興味があるという意味で使われますが、元々は利害関係を示す言葉ですから、私たちは根深く利害関係から関心事を見つけ出して生きているということかもしれません。その利害関係を少しだけ開放してくれるのが真っ白状態なので、私はとても有難いものだと思っています。純粋価値ということを考えることもあります。

 

これからもこの白紙状態(白痴状態)、詳しく観察していこうと思います。

易しいとか難しいとか言うけれど・・

2020年11月16日

私は易しいとか難しいとかを考えない方です。考えて易しいか難しいかが決まることはないからです。基準がどこにあるのかがよく分かりません。

それから、一般的に言われている「易しい」というのが本当に易しいことなのかは、今までの経験からして大いに疑問です。

 

私が易しい難しいで気にしているのは別の観点です。人前で話すときに、分かり易く話す人と、話を難しくする人がいると言うことです。そのことにまず触れておきたいと思います。

ドイツでの生活が始まってしばらくした頃です。ドイツ語が随分聞き取れるようになったので、勇気を出して講演会というものに出向きました。意気揚々で出かけた講演会初体験は挫折でした。何事も経験です。またしばらくして再挑戦しました。その時には、言葉の問題はずいぶん克服できたのに、話の筋を追ってゆけないという、狐に摘まれたような体験をしました。実は初挑戦の時も、ヴォキャブラリー的にはある程度分かっていたのに、何となく理解できなかったのです。その時は原因は自分の語学力にあるのだと結論したのですが、二回目の挑戦で分かったのは、ヴォキャブラリーの問題ではなく、話の筋の作り方について行けなかったということだったのです。その後のいくつかの経験で言うと、ドイツの人は話を難しくして楽しむ傾向が強いと言うことです。

個人的にはドイツ哲学のように複雑に構築された思考の遊戯は好きな方ですが、それは文章として、考え考え読んでいる時の話です。まるで何百もの歯車が精巧に入り組み、組み立てられいる時計のようなもので、そこにはそれなりの美しさがあります。その美観から言葉以上のものが感じられるのです。とても芸術的です。

話し言葉で何かを伝える時は別で、簡潔であることと分かりやすいことが命です。よくわかっている人ほど話がよく分かります。なまじわかっている人の話は聞いていてイライラします。演劇の言葉は特にデリケートです。聞いた瞬間に状況が見えてくるような言葉が求められます。その意味でシェークスピアは天才です。しかしシェークスピアが単純明快で分かり易いのかと言うとそんなこともなく、くどくどした言い回しが結構あるのですが、それでも不思議と分かるのです。ここがシェークスピアの不思議で、天才と言われる所以です。私は日本のお能にもそんなところがあるように感じています。分かりにくい言い回しが却って分かりやすかったりするのです。理屈ではなく、直感的に分かると言うことなのでしょうか。

 

そう言う生きのいい言葉が少なくなっているように思います。ドイツでは昔の哲学の本を現代人が読めなくなっていると言うので、現代語訳がなされていて、今風の簡単な言葉に翻訳されるのですが、それで分かり易くなったかと言うと、必ずしもそうではないのです。ここは大事なところです。話の内容が正しく伝えられることは第一の課題なのですが、分かり易くと言うことで、内容的に少しずれたりしてしまうこともあります。言葉だけを取り上げれば間違って訳されているわけではないのに、文章に手を加えると話が違う方に持っていかれてしまうということです。そうなると分かり易くと言うのが却って仇になり、余計なお節介ということになってしまいます。それでは本末転倒です。易しいからいいのではなく、また難しいから分かりにくいかというと、一概にそうとは言えないのです。すごく矛盾した話です。

 

今大雑把に結論すると、内容を深く理解していて、伝えようとする意志が強い人の話ほど、分かりやすいと言うことです。

これは人生の多方面で言えるもので、料理なども本当にできる人の料理を見ていると簡単そうで、すぐに自分でできそうだと錯覚してしまいます。職人さんたちの仕事はだいたいこの点で共通しています。できる人の仕事は手際のいいものです。

 

最後に難しいものを挙げると、外国語の習得はみんなが難しいと思っていると思います。外国語の勉強では初心者にとっては全てが難しいのです。打開策は、いち早く自分で分かったと言えるものを見つけることです。そこを手がかりにすることが上達の早道かもしれません。

特にネイチャーにとって簡単なものほど、つまり生活に密着した言い回しなどは、外国人には難しいという、反比例のようなことが起こっているのです。外国語を勉強しているときに、その言葉でジョークが一緒に笑えるようになったら一人前だと考えていいと思います。ネイチャーがすぐに大きな声を出して笑えるものほど外国人には難しいのです。

 

難しい、易しいはいずれにしろ判断の基準のない不思議なもののようです。私たちはこの間を右往左往しているのです。