シューベルトの未完成交響曲

2017年5月26日

ジューベルトといえば未完成交響曲を思い出す人が多いでしょう。未完成交響曲は長いのでこれからは「未完成」と言います
いままでは最後から2番目の交響曲となっていましたが、最近の研究によると、いままでの定説が覆され、未完成がシューベルトの最後の交響曲と言うことになったようです。

この曲が未完成の交響曲とみなされているのは、通常四楽章からなる交響曲が二楽章までしか作られていないからです(三楽章の出だしの部分が残っているのでシューベルト自身も二楽章で完成とは見ていなかったようです)。

いままでなんども聴いているのでほとんどの部分を知っている曲ですが、聞くたびに初めて聞く音楽のようにワクワクするのです。
不思議な音楽だと常々思うのです。
珍しいという以上に、どこを見渡しても見つからない音楽史上唯一の音楽ではないだろうかといいたいほどです。
何がそんなに不思議なのか、その辺を書いて見たいと思います。

シューベルトは自分の考えとか心情、エモーションといったものを音楽でを吐露する音楽家ではありませんでした。ここがシューベルトといわゆるロマン派というジャンルの作曲家たちと一線を引くところです。シューベルトという作曲家は音楽史の指定すると後にも属さない人といっていいと思います。あえて言えば、モーツァルト、ベートーヴェンを飛び越えてハイドンの唯一の後継者ということです。

私の勝手な想像ですが、シューベルトは例外的に未完成と呼ばれている交響曲で自分の心の中を音楽にしようとしたのかもしれないのです。もちろんこんなことは初めてで最後です。自叙伝的なものではなく、あるがままの自分の姿、あり方を音に移し替えようとしたのかもしれない、そんな風に感じるのです。未完成に終わったのは、彼、こうしたやり方が得意でなかったからなのでしょう。
完成に至らなかったにしても、私には、未完成という作品はシューベルトの心が、心の奥深いところまでが音になったものなのです。聞くたびに、彼の心の奥深くまで光が当てられ、その姿が淡く浮かび上がって来るようなイメージが目の前に広がります。一万メートル以上の深海の底に淡い光が当たった様子を想像して見てください。この曲はシューベルトの心の隅々まで光が当たったもののように思えてならないのです。サーチライトで深海を取らしているのではなく、海全体を光が照らし出している、そんな感じです。深海も含めて海全体が光に溢れるのです。

未完成という音楽は、言い換えれば海を音にしたものなのかもしれません。

パンを切る

2017年5月4日

ペットボトルのお茶の話を書きましたが、ドイツでも似たようなことが起こっています。

ドイツではパンが主食と言われるほどパンが食文化の中心にあります。そのため人生の知恵がパンに喩えられて色々に言われています。その一つを紹介します。
パンがちゃんと切れるようになったらお嫁さんに行けるとドイツでは昔から言われているのです。

しかし最近はどのパン屋さんもパンを切る機械を備えて、お客さんの希望に答えられるようになっています。つまり家でパンを切るのが面倒くさいから、買った時にパンを切ってほしいというお客さんが増えているようなのです。実際にパンを買うと、即座に「切りますか」と聞かれます。お店の人はサービスだと思って聞いているのです。家でパンを切る手間が省けるわけで、これも便利の一環なのでしょう。
親が子どもの前で手本を見せてあげないと、子どもはいつまでたってもパンが切れるようにはならないでしょう。パンを切る練習をする場がないわけで、そうなると女性はいつまでたってもお嫁さんに行けないということになります。

最近女性の結婚願望がとても低いと聞きますが、パンが切れないことと少しは関係があるのでしょうか。

八十八夜とペットボトル

2017年5月3日

夏も近づく八十八夜と子どもの頃に歌った覚えがあります。

昨日養護学校の先生をされている、檜山祐子(ピアニッシモにいつも寄稿してくださっている方です)さんから、今の子どもたちにはこの歌の意味がわかっていないのにがっかりしたとメールをいただきました。
お茶っ葉がわからない、そのお茶っ葉を摘むなんてもう死語になっていて、急須でお茶を入れることも見たことがある程度、ではお茶とは何かというと、ペットボトルに入っているものだそうです。

ペットボトルは日本の文化を変えてしまったようです。
ペットボトルが食卓にあったりするとがっかりするのはきっと私が古い世代の人間だからなんでしょうね。

水分を補給しなければいけないと世間はうるさいです。一人一日二リットルの水分を摂取しなさいという人もいます。その情報に煽られてか、外に出る時にみんなペットボトルをかばんに入れてでかけます。会議などでも、席に必ず一つペットボトルが置かれています。確かに喋ったりすれば喉が乾きます。部屋も乾燥してたりすると喉がガラガラします。コンクリート造りの建物の中は特に乾燥していますから、ペットボトルは会議の必需品に格上げされたということなのでしょう。

昔は事務所などでは、お茶汲みという役もありました。お茶汲みのために一人雇ったりしていたところもあります。社会状況が変わって、お茶汲みがいつも女性の仕事と決まっていたのが差別ということでよく思われなくなって消えてしまったと聞いたことがあります。
しかし出先の応接間でお茶が出てきたら嬉しいものです。
ペットボトルよりずっとおもてなしされていると感じます。
私が古い世代の人間だからでしょうか。