選択の難しさ (情報過多とうつ病) ー その1。

2017年1月24日

今の社会を見渡すと、物が溢れています。大量生産が始まった時から物は増え続けているわけで、グリム童話の「甘いおかゆ」と言う話のような状態です。もう一つは情報です。かつては本、雑誌、新聞といった印刷物が手段でしたが、いまでは本も売れ行きが悪く、新聞も発行部数が大幅に減って、主流はインターネットに変わってしまいました。情報量は一年で数倍になると言われています。これからも拍車がかかってくるはずです。
二つ目の情報の増加を見て見ましょう。
情報は私たちの生活をいろいろに結びつけ便利にしてくれるものです。ところが情報がありすぎて、その中から何を選択したらいいのかわからなくなった時点で、本来は便利を助けてくれたものが別のものに変わって、私たちを蝕むようになってしまいます。情報の選択の中に不安が迷い込んできたのです。
そもそも選択すると言う作業はなかなかむずかしいものですから、普段の生活で選択しなければならないのにできないことというのは頻繁にあります。食事のために入ったレストランでメニューを見ても何を食べたいのかわからないことというのはみなさん経験があると思います。
選択するときは、大袈裟な言い方ですが、いつも判断しているのです。判断力が働いているのです。土地を買ったり、家を買ったり、車を買おうとする時、あるいは友人の誕生日のプレゼントを選ぶ時、主婦の日常の夕食の食材の買い物、スーパーであれこれと悩んでいる時、判断力によって選んでいるのです。
料理番組や、料理雑誌などで情報過多に陥った主婦は、知りすぎているために却って決めかねると言うことが起こってしまいます。
こうした現象をもう少し詳しく見てみると、そこから生じる私たちへの影響は精神衛生上好ましいものではないような気がしてきます。私たちを判断停止の状態に導きます。迷いの真っ只中にほうり込まれてしまうのです。抜け道がない袋小路に迷い込んだようなものです。
抜け道を見つけなければなりません。ここで抜け道に当たるのは、今晩はなんの料理で、そのためには何が必要かと決めて、それを買うときです。選択して行動に移すことです。迷った挙句なんとか買えた時、道は開け、迷いは解放され、精神的に健康をたもてるのです。私たちは常に何かを判断し、それを行動に移しながら精神的な健康を維持していると言うわけです。
情報が溺れているというだけでは問題ないのですが、情報に振り回されているという状況になると袋小路現象です。情報集めに専念している人たちは自ら袋小路に向かっているようなものなのです。
情報をかき集めすぎた時、頭の中はどうなっているかというと、蜘蛛の巣を張り巡らしたようなもので、思考機能は停止しています。当の本人はとても苦しいと思います。知っているというありがたいことが、苦しさ変わり、そして苦しいでは終わらず、妄想に悩まされ、果ては病気になってしまうでしょう。
この状況はうつ病そのものです。

うつ病の人と話していると、行動に移せないで苦しんでいるのが伝わってきます。
行動という言葉は学問的で人生の温もりがないので平易な言い方にして、好きなことが見つからない、やりたいことがわからないと言い換えて見ます。
好きなことをしていれば人間健康なのです。
                              続く

新年明けましておめでとうございます

2017年1月3日

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

元旦の計を毎年立てるのですがなかなか実行できないものです。
今年は昨年に続き、イスラムの世界に少しでも近づきたい、と計を立てました。
聖典であるコーランだけでもと思い、岩波文庫の井筒氏の訳で読み始めたのですが、なんども挫折しました。翻訳は20以上の言葉に通じていた井筒氏のもの、しかも日本語としてもとてもこなれたものですから、挫折した理由は私の方にあったのです。

今年は千夜一夜物語を並行させて読んでみようと思います。
アラビアンナイトの話ですからアラビア語で読みたいものです。
原語で読めという声は嫌というほど聞こえてくるので考えてみたのですが、アラビア語はやはり少しばかり遠すぎます。
ということで日本語と並行して、ドイツ語でも読むことにしました。

皆さんの楽しい充実した一年を祈っております

仲正雄

シューベルトの歌、名翻訳

2016年8月30日

私はドイツ語の深いところをシューベルトの歌で学びました。シューベルトの歌を歌うことがドイツ語の勉強には欠かせないものだったのです。

発音、言葉の持つメロディーは、文法や読解の方にどうしても重きを置きやすい外国語の勉強ですが、本当はとても大切なものです。けっしてないがしろにしてはいけないのですが、ここを勉強するための手段は、残念ながら今の所あまり知られていません。私がシューベルトの歌が好きだったことが幸いして、私のドイツ語はシューベルトの歌からこの学びにくい部分を鍛えてもらえたのです。

 

シューベルトによって歌に変わった詩は、ただ言葉として読んでいる詩の何倍も詩との結び付きを深めてくれました。詩は理解よりも言葉の響きから何かを感じなければならないものです。しかし外国語を感じるのはほとんど不可能です。言葉で感じられるのは母国語だけですから、外国語を感じられるようにするには想像を絶する、とんでもないことをしなければならないわけで、私の場合はそれがシューベルトの歌を歌うことでした。シューベルトの歌は、音楽として優れているだけでなく、言葉の学習にとってとんでもないことに属するものなのです。

ゲーテ、シラー、ノヴァーリス、というドイツを代表する詩人の詩は、ドイツ語が母国語でないものにとっては意味を汲み取るのが精一杯で、詩情、詩の中に込められている意志にまでたどり着くことは容易ではなく、この容易でないところを私はシューベルトの歌に助けられたのでした。シューベルトを歌っているとき、詩の言葉の中に音楽が染み込んできます。音楽によって詩の言葉はそれまでのものとは別のものに変わっています。

音楽に生まれ変わった詩の言葉は、特にシューベルトの歌の場合は他の作曲家の歌に比べて、詩が音楽に翻訳されたものと言ってよい、一等品です。詩は他の言葉に翻訳され得ないものです。詩を愛する人ならこのことは百も承知のことです。ある言葉で書かれた詩を他の言葉に移し替えた途端、おいしいところが失われてしまいます。しかしシューベルトの手にかかった翻訳は、言葉同士の翻訳のまどろっこしさを払拭して、輝き始めるのです。

シューベルトの歌は、ただ詩が綺麗なメロディーに乗って歌われるという平坦な作業ではなく、言葉の音楽への翻訳です。しかも名訳です。音楽と言葉という似ていながらもそもそも別のものが、歌の世界で幸せをかみしめながら出会うのです

音楽で言葉を補佐できたのはシューベルトの大変な才能です。言葉が主で音楽が補っているのです。大抵は逆のことになってしまいます。詩の言葉に音楽を上乗せしてしまいます。少しキツ言い方になりますが、詩の言葉に音楽というペンキを塗ってしまうのです。音楽が暴力的に関わってしまいます。これでは詩の言葉を音楽に翻訳したことにはならないのです。

 

世界のどこかで今日もシューベルトの冬の旅が歌われているでしょう。

詩人、ウィルヘルム・ミュラーの詩をその国の言葉に翻訳して朗読されたと想像してみてください。そこで、どんなに朗読が素晴らしくても、渦巻くような感動は生まれないでしょう。しかしシューベルトの音楽に翻訳された冬の旅はどうでしょう。この素晴らしい翻訳は聞き手の心に訴え、コンコンと湧き出ずる感動を呼ぶものなのです。

私はこの感動でドイツ語を学んだのでした。