原生林と母国語の中に生きるエネルギー

2018年9月12日

母国語の持つ意味。これは何度でも繰り返し強調したいものです。

ふるさとの山に向かいて言うことなし、ふるさとの山は有り難きかな、と言ったところです。山を母国語としてみると母国語の大切さありがたさがよくわかります。

今日はその母国語を山ではなく原生林に譬えて見ます。

 

原生林と呼ばれているものを一度だけですが体験したことがあります。とは言ってもほんの入り口のところまででしたが、そこですら文明化した自然、私たちを取り巻いている整備されたお行儀のいい自然とは別もので、その雰囲気の中にいると大地が歌う声が木を通して聞こえてくるのです。声とは言ってももちろん聞こえる声ではなく声のエネルギーで、木の幹を上に向かう力と同じ力が立っている私の体の中を貫き通り過ぎるのです。声というのは「人間が立つ力の音声化したもの」とは私自身が何度も繰り返して来たことですが、原生林にそのことを証明してもらった感じでした。

人間の心は何に例えられるのだろうというのは思春期に入った頃から考えていたものでした。心というのはコロコロと動いている流動無形なものという当時の印象から、永遠に動いている海の姿がまさに心でした。また海は産むの名詞化したものだろうから、心に例えるに相応わしいものだと勝手な理屈を後からつけたものでした。

原生林での声の体験は衝撃的でした。その声が原生林の中を響き渡り言葉をしゃべっているのです。海を心になぞらえていた時は沈黙した心で、心そのものの様子が海そのものに思えたのですが、原生林では足を踏み入れしばらくして聞こえて来た声が言葉となってゆくところが心との接点でした。原生林の中から母国語に満たされた心が現れて来たのです。言葉が、特に母国語が心を満たしている様子がしきりに思い出されたのです。

原生林の中で目にした混沌とした植物の育ち方はまさに自然の原型で、同じ自然とは言っても、整備された自然しか知らない現代人にとって、原生林は美しいものではなく、恐ろしいものかもしれません。そこには文明のかけらすらなく、太古の昔からの、時間と空間を超えた息遣いがあります。道というのは他でもない文明の産物ですからそんなものはありません。木が倒れっぱなしで苔だらけの世界です。迷路などをはるかに超えた異次元です。どこをどう歩こうが、そこを道と呼びたければ道と呼んでもいいのです。まるで母国語で独り言でも言っているかの様でした。混沌としていてもちゃんと整理がついているのが母国語です。母国語同士なら、でたらめに喋ってもちゃんと通じる事があるのです。文法はしっちゃかめっちゃか、語彙の意味もなんとなくという程度でしっかり通じてしまうのが母国語同士での会話です。ここに母国語の偉大さがあります。

 

以前のブログで、ロボットには母国語がないということを指摘しました。人間である所以は言葉です。幾つの言葉ができるかではなく、母国語があるかないかなのです。ロボットの言葉はまさに文明によって整理された自然の様な言葉だと言っていいと思います。いくつもの言葉が理解でき喋れても母国語がないのです。

モラルと人工知能

2018年9月6日

人工知能が近々人間を凌駕すると考えている人達がいて、その日付を2045年ごろと定めていますが、私は人工知能も基本的には道具の領域は出ないと考えています。

人間は石器時代から今日に至るまで道具を考案し続けてきました。グーテンベルクの大量印刷機の発明で、手で一つづつ書き写していたものが、いっぺんに何百、何千と大量に印刷されて世に出回りましたし、産業革命の時に蒸気の利用で今までの道具のイメージが飛躍的にアップし、ある意味で頂点に達し人間の労働力をはるかな凌駕しました。人間どころか馬の労働力さえ超えたのです。100馬力なんて今では普通の自動車にも搭載されているエンジンです。

人工知能は道具は道具ですが今までの道具とは違い労働力ではく知的能力を代替わりしてくれるものです。ホモサピエンスならではの道具と言えそうです。人間を人間たらしめている考える能力を代用する道具です。現在一番活躍しているところは情報処理と測定の世界ではないかと思います。囲碁もチェスもコンピューターの方が強くなったのは、膨大な情報量とその優れた処理能力による結果ですから当然の結果が出たに過ぎないと言えるのです。またミクロンの単位といった人間の測定能力では測りきれない微妙なものを正確に測定して、それを元に様々な精密機械が生まれています。

しかしそれがそのために作られた道具であるということをわきまえていれば驚くには値しないのです。これからも性能はどんどん向上して行く筈です。

今までは翻訳が惨めだったコンピューターでしたが、これからは言葉の意味だけでなくイメージを処理する能力に加えディープラーニングという自分で自分に問題を科せるせる能力を備えたことでより正確な翻訳が期待できるでしょう。事実ヨーロッパの言語の間では読むに値する翻訳になってきていますから、優れた通訳者として、政治や経済の世界で活躍する日も近いのではないかと思います。名医、名弁護士は当然のこと、科目によっては学校の先生もコンピューターに太刀打ちできなくなる日が来るかもしれません。産業革命のような生産力の変化ではない、私たち自身がまだよくわかっていない知的分野の変化です。だから不安が伴う道具なのでしょう。

知的分野の中の情報処理と測定の分野をまずはコンピューターにゆずったのです。

 

人工知能と呼ぶように知の代用者としてエンジンが人間の力を超えたように人間の知能を超えるわけですが、コンピューターによる翻訳が、誤訳もある人間の翻訳より正確だとしても、名訳がコンピューターから生まれるかどうかはわかりません。今までも文献学的に正確な翻訳をよしとするか、それとも砕けた意訳の方をよしとするかは別れていました。名訳は正確な訳とは別の感受性によるもので、主観的なものによっているからです。つまりコンピューターにとって主観とは何なのかという問題です。

書の世界でも同様に、測定能力が優れたものになって王羲之や三筆、三蹟、或いは良寛さんの書など、優れた書家の筆跡を正確に測定し統計処理したからと言ってコンビューターが素晴らしい書を書くようになるとは想像できません。却って情報が多過ぎて平均的なつまらない字を書きそうな気がします。囲碁やチェスの場合は情報処理能力がものをいいますが、優れた書の筆跡は、統計や測定の正確さから生まれるものでなく、一人の人間の総合された人となりから生まれ、勝ち負けとは縁のないものです。主観的なものだからです。書の相手は書です。書に勝つとか負けるとかの発想そのものが不自然で、どういう意味があるのか首をひねってしまいます。同じように歴史に残された楽譜を全てインプットしたからと言って名曲が聞けるようにはなりませんし、ギリシャ時代からの全ての哲学書をインプットしても素晴らしい思想が生まれる事など期待できないのです。芸術を含め精神の世界は相手を負かすのではなく、勝ったり負けたりする相手がいないのです。主観と主観が戦っても蓼食う虫も好き好きということですから永遠に引き分けです。

コンピューターに自分が書きたい字は書けるのでしょうか。

 

さてここでモラルと人工知能を手繰り寄せて見たいのです。

モラルは主観に依存していますから正しいものを見つけ出します。

でも人工知能はいつも正解です。正解に向かって邁進しているのです。

そんな奴が中学の時にクラスにいましたが、一度も友達だと思ったことはありませんでした。

音楽は身近なもの

2018年9月3日

18世紀に作られた楽器を使った音楽会に行って来ました。ヴァイオリン属の楽器だけでなく、トランペット、ホルン、フルートの管楽器も当時のものでした。

古い楽器で演奏する人たちの音楽会には幾度も足を運んだものです。その時の印象は、古い楽器であることや当時の音楽スタイルに神経を使いすぎて、音楽の楽しみよりも学問的なものが先行していて、楽しい思い出がなかったのですが、今回の演奏会は、のびのびとしていて、バッハのロ短調のミサでしたが、聴き終わった後、バッハには距離を置いている私でも「よかった、音楽会以上のものだった」と充実した気分でした。演奏していたのはアムステルダム・バロックオーケストラと言う団体で、指揮者はトン・コープマン。奇遇なことにわたしが聞いた次の日に日本に演奏旅行に出かけたと後日の新聞の批評で読みました。

 

ヴァイオリン属の楽器は基本的なものは18世紀には完成していましたから現代のヴァイオリンとほとんど変わらないのですが、弦がスチールではなく牛の腸で作られたガット弦ですから、きらびやかな音と言うよりも、いささかハスキーなしっとりした渋みのある音を出します。それだけでもほんのりとした気分に包まれます。弓の違いも大きいのですが、それ以上に弓の握り方が指先だけでなく腕からの流れを反映していると言うことで、ヴァイオリンを体全体で弾いているように見えました。

金管楽器はヴァイオリン属の楽器と比べると大きく違います。トランペットにはピストンが無いだけでなく穴もなく、簡単に言えばマウスピースが付いているだけの金属製の管(くだ)と言う体裁のものです。ということは音程を取る頼みの綱はマウスピースに当たる唇の微妙な動きと呼吸の調節のみですから、気の遠くなるような話です。ホルンも同様でピストン、音程を取る穴がないのです。今のホルンも渦を巻いていますが、昔のホルンは六回ほど渦を巻いていて、大きさも今のコンパクトなホルンに比べると二倍あるいは三倍くらいある堂々としたものでした。そもそもホルンは演奏の難しい楽器と言われていますが、マウスピースと管だけのホルンの演奏は想像を絶するほど難しいらしく、そのためにとくべな養成期間があり、吹ける人の数も少ないと言うことです。

ということは今の管楽器というのは、穴が開けられたり、そこにピストンが付けられたりと改良されたものなのです。それを進歩というのかどうかわかりません。ただ言えるのは演奏を容易にするためだったということです。どこか便利さを追求する精神に通じるものを感じます。

フルートは穴は開いていましたが今のように穴の上にキーが乗って機械的に穴を塞ぐのではなく、篠笛と同じに指の感覚で塞ぎます。そのため同じ人が同じ音程を演奏しても毎回微妙な違いが生まれるのです。トラベルソと呼ばれているこのフルートの音はロウソクの炎が揺らぐような震えのある音でした。それに比べると今のフルートは羽ばたくようなきらびやかな音でしかもピタッと音が決まり音程も正確に吹けます。また早い演奏速度をこなせるように改良され、といいとこだらけですが、トラベルソの不便さから生まれる音に、トランペット、ホルンも同じですが、肌に馴染む暖かな感触があり懐かしさすら感じるのです。

というわけで、音楽を聴きながら、音楽を作り出すために肉体が不器用な楽器と向かい合い繊細な仕事している現場に立ち会っていたのです。音楽をこんなに生々しく聞いたのは久しぶりのことでした。

音楽は身近なものなんだと改めて感じた次第です。