真実

2021年1月27日

ドイツに四十年以上住んで感じるのはこの国は根っから学問が好きな国なんだと言うことです。

もちろん二通りの意味で言っています。一つは情熱的に学問ができると言う意味で、もう一つはなんでも学問的に考えられてしまうと言うことです。

食事をするときにも、栄養学で攻めてきます。健康に良い、有害ではないと言うわけで、味覚は、蓼食う虫も好き好きですから学問の対象外にはずされ無関心と言っても良いくらいなのです。主観的な感想なんかではダメで、数字になるほど具体的でないと説明したことにはならないのです。日本人からは考えられないくらい合理的で、学問的食生活です。

音楽も芸術的と学問的が競り合っています。どちらかといえぱ勿論学問的で、作品の考証などは得意中の得意です。例えば、その音楽が作られた当時の音を再現すると言うことに夢中になります。その挙句音楽の楽しみを忘れてしまうこともあります。以前のブログで書きましたが、バッハ、ヘンデル、モーツァルトやハイドンといったクラシックの作品を、古い楽器で、当時の演奏スタイルで演奏することがここ五十年くらいはやっています。楽器の構え方、使用する弦、弓、弓の持ち方等々当時そのままを再現することに夢中になっています。それが正しい音楽ということにすり替えられてしまうほどです。私にはなんとなく本末転倒しているように見えてならないのです。というのは、音楽は正しいと言うことで評価されるものではなく、心に響くかどうかだと考えるからです。食事が栄養学で説明されてしまうように、音楽も正しく再現することが目的になってしまい、芸術であることを置き去りにしているのかもしれません。

四十年の歳月の中で当初勘違いしていたことがだんだんと明らかになってきました。初めは真実というのは学問が一番近くにあるものかと思っていたのですがそうではないということでした。

 

さて、今日はこの真実という言葉について考えてみたいと思っています。私はこの言葉に特別な関心があります。と同時にとても敬意を払っています。そんな中で長いこと疑問に思っていることが一つあります。それは真実そのものを考えることはできるのかということです。どういうことかというと、真実と言う時でも、真実そのものが直に言われているのではなく、周りに付き纏っているものからぼんやりと浮き彫りになっているだけのような気がするのです。

真実という言葉は色々に使われます。学問的な真実もあれば、芸術的な真実もあれば、道徳的な真実もあります。すべてが真実に通じているのです。真実という頂上に行く道はその他にいくつもあります。しかし真実というものは独自の世界を持っているのでしょうか。これが真実だというものはあるのかどうかということです。

みんながそう言っているから真実だということはありません。真実は多数決で決められないのです。一人だけがあることを主張して、それ以外はみんな別の意見だとしても、たとえそれが99パーセントだとしても、だからと言ってみんなの意見が真実だということにはならないのです。たった一人が真実を予感していたということだって有り得るのです。

つまり真実は量とは関係のないものだということです。真実というのは非物質的で実に手応えのないものです。触ることができまないので、証明することができません。でも私は真実はあると信じています。そんなものは無いと言われても、あることを証明できなくてもあると信じています。いかなる場合でも有りますと言います。

他の人には無いかもしれないのですが、私にはあるということ、それで十分なのです。先ほども言いましたが、みんなで真実を共有することなんかどうでも良いことなのです。真実はそういう意味で孤独なもので主観的なものです。学問の真実とか、芸術の真実、道徳の真実というように客観的な領域のものであるかのように見えますが、真実は主観からしか生まれないのです。

手応えがないのは外にではなく主観の中だからです。触ることができないのは自分の中にあるからです。説明ができないのも、自分に説明する必要がないからです。

客観というのは物質的で、証明するのに都合の良いものですが、真実の領域に入り込むことはできないものです。私たちはとかく客観的なということ、数字で示されるものを信じ、高く評価しがちですが、そこに真実はないことを知るべきだと思います。真実は私たちの心の中にだけあるものだからです。勿論私たちはお互いの駆け引きを度外視できる仲ならば、真実を共有することができます。真実ってまるで真空状態のようです。

 

 

神様

2021年1月26日

私は神様を信じている人間です。神様はいるのかいないのか、神様の存在を疑ったことはありません。こうかくと熱狂的に髪を信じているかのように聞こえますが、そうではありません。

例えば神は全能だといったことを言い出されると、そんな神はいないと切り捨てます。そしてそんなのは神ではないといいます。私にとっての神様は能力のレベルで語られるものではないからです。神様は無能のように見えることがあります。いや実際全能を言う人からすれば結構無能です。

困った時の神頼み。これも神様とは別のものです。

神様お救いくださいと思うと、神様を一身にしんずれば、神様から返事があるかもしれません。

 

残虐な戦争が人類の歴史には絶えません。なぜ神様はそれを止めないのか。神様が戦争を始めたのであれば止めに来ると思いますが、戦争は神様の仕事ではないので神様に責任を押し付けても糠に釘です。

神様を名乗って大量殺戮が何度もありました。それは宗教の仕業で、それも神様の仕業ではありません。

神様は善でも悪でもないものですから、善の味方をすることも悪の味方をすることもありません。中庸、中道と言えばそう言えるのかもしれません。

神様は負けるが勝ちとよく言います。勝ちたくてしようがいない、あるいは勝ちを誇るのは神様ではない存在です。

神様は人間が作ったと言う考えもあります。自分に都合の良い手前神は至る所にいると思います。それらは神様とは関係ない、自己正当化の変身ですからエゴの産物だと言うことです。

幸せになる人も不幸のどん底にいる人も神様は同じように愛していると思います。

神様に何かを期待していると神様は逃げてしまいます。では神様とどう付き合ったら良いのでしょうか。

神様って、私たちが自分と付き合うのが難しいのと同じくらい、付き合いにくいようです。

名前を覚えることの不思議。孫で気づく不思議。

2021年1月24日

私には2歳9ヶ月を筆頭に三人の孫がいます。いま三人がそれそれぞれに言葉の習得に懸命です。言葉とは言っても最初は「ものの名前」を覚えることです。

覚える以前に、「ものには名前がある」ということに気づかされていると思います。気づきは出会いでもあるようです。ただの出会と言うよりも、それは喜びだということです。

それまでも同じものがそばにあって、それと遊んだりしていたのですが、ある日を境にそれを名前で呼ぶようになります。これだけを外から描写すれば、普通の成長の記録ですが、私にはそれが喜びだということが特に印象的なので、そこに焦点を当てたいと思います。人間のそもそもの心の体験は喜びだったという事実が嬉しいのです。つまり「はじめに喜びがあった」だったのです。

「はじめに言葉ありき」なんていう言い方は、神学者や哲学者が好んで言う、とても抽象的な言い方で、そこには人間存在へ愛というより、人間が生きる機能社会の様子が浮き彫りになってきます。人間の世の中との出会いが喜びからだったというのは、生きる上ですべての人にとって、例え無意識にであっても大きな支えになっているはずです。

 

あるものに名前があることに気づかされ、そしてその名前を覚える。そのときの様子を見ていて、名前を覚えるというのは、ものと子どもが名前を通して結ばれたと言えるのではないか、そんな気がしたのです。名前と一緒に、そのものが自然界で存在している現実を自分の中に取り込んだのではないか、そんな気がしたのです。これを世の中との初めての出会いと言わずになんと言ったらいいのでしょう。ものには名前があるなんて成人してしまえば当たり前すぎて何も感じなくなってしまいますが、子どもは違います。子どもがそのプロセスを生きているのをみて、このなんでもないように見えることが実は劇的なことだと知らされたのです。ものとの出会いは驚きですが、そこに名前がついていて一緒に入ってくると、そのものとの関係がはっきり成立するのです。結ばれたのです。結ばれたことが喜びだったのです。

一度覚えたら、それは何度でも使えるようになります。それを私たちは「覚える、覚えた」と言っているわけですが、実は劇的なことがそこで起こっていたのです。

子どもは、ものの名前を自分の中に取り入れるとすぐに発音します。体はその音を発音するための運動を起こしているのです。発生のための呼吸、舌の動き、唇の動きという具合にです。あるいは全身の動きかもしれません。そして周囲の人が発音しているのをそっくり真似して完了です。実に簡単に見えますが、実は子どもは自分という存在をかけて発音にまで持って行っているのです。子どもは柔らかなので、その変化をさりげなくやり遂げてしまいますが、成人した大人には苦痛が伴う大事業のはずです。成長の影にはこうした痛みが隠れているのです。

まずは、子どもが名前を覚えたということは、そのものと特別の次元で一つになったということが言いたかったのです。

 

子どもはその時点ではまだ意味というものとは全く無縁に生きています。意味で生きている大人が子どもの言葉の習得を意味の方から解き明かそうとするのは間違いです。子どもは意味とは生きていないからです。りんご、みかん、お水と言ってもそれがわかっているわけではないということです。ただお水が飲みたいときにコッブにお水が注がれて、「はいお水」とお母さんが言うのを聞いたときに、ほぼ反射的に「これは水というのだ」と反応し、それが何度かくりかえされるうちに周囲が言うように「オミズ」と発音できるようになります。そして何度も繰り返します。ただそれだけのことなのですが、厳密には「子どもと水とが出会い、そして一つになった」という、劇的としか言いようのない仕事が完結したということなのです。

名前を覚えると、「水」と言えるようになると子どもの中には水が次元を変えて存在し始めるのです。イメージとしてです。水はH2Oと表され、流動的なもので、氷点下では氷になり、沸騰すると蒸気になるなどという物質的な意味は知らずに、水と一体化し、それを水という名前で呼ぶことができるのです。水の意味は何も知らなくても「みず」と言え、「みず」をイメージ化しているのです。

 

さてここからは大変な問題です。

子どもの頃から神様、仏様のことを知らないくても神様、仏様という言葉を使っていました。子どもの時に覚えたのです。初めて聞いたのは、どんな状況だったのか覚えていませんが、何度も聞いているうちに覚えたのだと思います。しかしその時何かがわかって覚えたのでしょうか。先ほどの水のところで見たように何も知らなくても水と言えるように、神様、仏様ことなど何も知らなくても神様、仏様と言えたのです。ただ神様、仏様は水と違って見えないものなのに、子どもの私は大人がいると思っていたのでいるということにしていたのでしょう。ということは、覚えたときから、大きくなって神様、仏様ってなんだと思うようになるまで、私は神様、仏様のいることを疑うことなくいたということなのです。神様、仏様と一つにならなかったらこの言葉を覚えることはできなかったはずです。意識することはありませんでしたが、ずっと神様、仏様と一緒に生きてきたのです。とても不思議です。