いただきます

2022年11月20日

「いただきます」という言葉をしみじみと味う歳になりました。

なかなか味わい深い言葉だとは思っていましたが、段々と生きることの中核にある考え方だと気がついたのです。生きているものの命をありがたくいただきますということですらから、戦争を起こす考え方の対極にあるものの様です。

今流行っているヴェガンという極端な菜食主義の人たちと話をしている時にちょっと気になることがありました。なぜ野菜だけで肉を食べないのかの話を聞いて別れ際にふと頭をよぎったことです。「あの人たちには植物の命をいただいているという意識を持っているのだろうか」。動物の肉、動物性の物、乳製品なども食べないと自慢げに話をしているのですが、植物の命をいただいているという意識を持たれているのかどうかは疑問でした。植物にも命があるのはいうまでもないことです。

 

友人からいい話を聞いたときに「これもいただきますだ」と思いました。単なる情報ではない、その人が人生をかけて得た経験の様なものは命のあるものだと思ったからです。今は情報が主流ですからなかなかそういう話に出会うことはないのですが、命のある話を聞くとしみじみと耳を傾けてしまうものです。「私の話はいい話だ」と豪語している人の話はカスカスですからいつもつまらないと思いながら聞いています。いい話、命のある話というのは、その話を聞いた私の中で新しい命として生き始めるものです。知識としての情報というのは聞いた分だけ私の情報通帳に加算されて行くので非常に便利で有り難く、時々引き出して使うのですが、数字の様なものですから私の中ではいつまでも聞いた時と変わらないままです。

 

食卓に並んでいるものは、植物、動物たちの生きている自然界の命からいただいたものだという世界観が「いただきます」には含まれています。これは環境問題とは次元の違う話です。「自然界の命を感謝していただきます」ということです。「ありがとうございます」もいい言葉ですが「いただきます」も同じくらいいい言葉です。どちらにも人と人との間を尊い命が伝播して行くからだと思います。

 

ただ私たちは説明に毒されていて、何でも説明できるものと思い込んでいるので、説明できないものは存在しないということになってしまいますから、説明不可能な自然界の命などというのは老人の戯言に過ぎないことなのかもしれません。食事に関しては、時代の流れを見ていると、それよりも栄養面を考慮する方が大事になってしまうようです。両方のバランスが取れる様になるといいのですが。

 

 

言葉を上達させるには詩を沢山読むことです

2022年11月20日

シューベルトの音楽をよく聞くのですが、そのうち半分以上が歌です。そしてその歌の歌詞を趣味で訳したりしていると、決して近道とはいえませんが結構ドイツ語の勉強になるのです。シューベルトの歌が特別だと思うのは、歌詞と曲のマッチングが絶妙なところで、私には詩の内容を理解するのにとても役に立ちました。

私は日本人ですから、日本語を書き、話し、読む人間です。ということは外国語としてシューベルトの詩を読んでいるわけです。外国語で詩を読むのは容易なことではありません。小説もものによっては手強いですが、詩はそれ以上に、特別です。一見難しそうな新聞や論文といったものは少し勉強すれば読めるようになるものなのです。

詩の言葉は意味の味わいが求められるものですから、機械の説明書のような機能的説明以上のものです。語学力と言うよりも、もしかしたら語学力以上の言葉のセンスが必要です。

日本語で詩を読んでいるときにも難しさを感じてはいましたが、外国語で詩を読んでいると、単語の意味はわかっても、何を言いたいのかが全くわからないことがよくあります。詩の言葉は文化に深く根ざしていて、騒がしい日常会話の言葉とも違います。詩特有の、その文化特有の言い回しの様なものもありますし、ときには詩のリズム、語調を優先させるので、語順などを入れ替えたり、文法にも従わなかったりして、外国人泣かせなものばかりなのです。

シューベルトの歌曲のおかげで沢山の詩に接して、それを読み、征服しながら、詩の味わいを感じられる様になったことに感謝しています。シューベルトの音楽を通して詩に触れることがなければ、到底乗り越えられなかった言葉の壁が絶妙なメロディー、それ以上に詩が音楽に変容した生々しい力を借りて感じ取れるのです。

 

今日的感性からすると学問と詩なんて関係ないものです。ところが時代を遡るととても近いものだった様なのです。インドの古代天文学を勉強された方から伺ったのですが、古代の学問は今とは違っていて、新しい事実を発見したときには、詩の形式でその事実を伝えなければ評価されなかったのだということです。今は散文です。散文のほうが具体的に説明しているということになっているからです。ところが当時は散文で書いていたのでは誰も読んでくれなかったのだそうです。個人の思いつきとい次元ではなく、詩という文化に根ざしたものの力を借りなければならなかったのでしょう。

 

言葉は何歳になっても磨けるものです。先日色々な場所で同時通訳者として活躍されている有名な通訳の方と友人の誕生パーティーで同席したのですが、それはそれは楽しい話を聞くことができて至福の時でした。特に印象的だったのが、ある程度外国語が自由になると、通訳者の実力は自分の言葉をどのくらい正しく、しかも美しく話せせるかという課題と直面するということでした。その通訳者は六十歳を少し超えているのですが、今でも彼の言葉であるドイツ語を磨くことに努めているということでした。私が間髪を入れず「何をされているのですか」と聞くと、「幾つもあるし、人によっても違うと思うが」と言いながら「いい詩をたくさん読むいうもその一つだ」と言っていました。

 

広島では度々、瀬戸内海汽船の持つユニークな星ビルでお仕事をさせていただきました。そこで私の係を務めてくださった吉田直子さんが、星ビルの仁田オーナーの言葉をよく引用されていました。星ビルにいらっしゃるお客様は個性的な人が多くその方達の接待について仁田氏は職員の方にいつも「いい詩を沢山読みなさい」と言っていたそうです。そうすることでマニュアルではない、型にはまらない、臨機応変なしなやかな対応ができる様になるからということでした。

ちゃんとしたもの再考

2022年11月10日

ちゃんとした音楽の話はその後興味深い反響があって、再度「ちゃんと」に登場してもらうことにしました。

あのブログを書いた後に思い出したことがあります。もう三十年も前のことですが、私が日本で講演を始めた頃に「仲さんもちゃんとシュタイナー勉強すればいいのに」とドイツでシュタイナーを勉強して帰ってこられ、日本で精力的に活動されていた方から言われたことです。私はドイツでの教育会議で講演する時には、一般の人を相手にした講演をさせられていましたから、シュタイナーの専門用語はご法度だったので、シュタイナーが言いたいことを普通の言葉で言えるように訓練した結果、シュタイナー用語というのを使わないで講演できるようになったのです。エーテル体だとか、アストラル体とかいう言葉はそこではタブーでしたから、その方は私の講演を聞かれて物足りなかったのだと思います。

三十年経っても未だ「ちゃんとしたシュタイナーの話」はできてないです。

それにしてもちゃんとというのは奥が深いものだと頂いたメールやコメントから感じていました。ある先生は子どもには「ちゃんと」を禁句にしているということでした。ちゃんと座って食べなさいとか、ちゃんと人の話を聞きなさいとか、ちゃんと歩きなさいなどです。これらは、何を伝えたいのかが曖昧だということから禁句なのだそうです。私は先生の「上から目線」を感じます。

英語では決め手になるような言い回しがなく、ケースバイケースで色々と工夫しなければなりません。ではドイツ語ではどういうふうにいうのだろうかと調べていたら、よく似た言い方があるのにびっくりしました。Wie es sich gehört、「本来あるべ姿で」という感じです。「ちゃんと部屋を掃除しなさい」というのは「本来部屋があるべく整理整頓された状態」にしろということです。「ちゃんと聞きなさい」というのは砕いていうと「本来聞くという行為が果たすべ姿で」ということでしょうか。よくよく見ると横柄な押し付けです。気持ち悪いほどに上から目線です。「ちゃんと・・・しなさい」と聞くと背筋が不必要にピンと伸び緊張します。なるほどバッハ、ベートーヴェン、ブラームスを産んだドイツ好みです。

ではちゃんとの反対は何だろうというと、「水面に書いた図形」のようなものです。四角い部屋を丸く掃くのも似たり寄ったりです。私は個人的に鴨長明の方上記のくだり「行く川の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず」を連想します。川の水に「ちゃんと流れろ」と言ってもしょうがないです。でも大工さんや、指物師の人にはちゃんと作ってもらいたいものです。

ちゃんと生きる様に見える人からお食事に誘われてもきっと断るでしょう。ちゃんと食べないと怒られそうですから。