王羽佳 Yuja Wang  ユジャ・ワンさんのピアノ

2017年5月2日

今世の中を沸かせている中国生まれで、カナダ、アメリカで育った今年三十歳の女性のピアニストについて書きます。
彼女のピアノ演奏のを初めて聞いた時のことをよく覚えています。度肝を抜かれるくらい驚いたのです。でもそのときは驚いただけでした。というより驚きがすごくて他に何かを感じる余裕がなかったのです。驚いたのは技巧とスピードでした。卓越した技巧を駆使した演奏スタイルは、どちらかと言うと私のこのみではなく、初めて聞いた時には普通のアクロバット的な超絶技巧の持ち主達の演奏と区別できなかったようです。

しかしその後繰り返して聞いていると、鍵盤のアクロバットが持つ表面的な妙技だけではなく、音は技巧に翻弄されることなく一つ一つ、一音一音演奏者としっかりと対話していることを発見したのです。とてつもないスピードで弾かれている時にも、対話が成立しているのです。まさに瞬時的対話なのですが、彼女は音を放り出すようなこと、勢いに任せて弾いてしまうようなことは決してしなくて、音はどんな時でも彼女との対話を終わらせてから響に変わってゆくのです。
これは特筆すべきことだと思います。
それからというもの色々と彼女の演奏を探し始め繰り返し聞きました。
ピアノで驚くべきことが起こっている、しばらくするとそんな印象を持ち、彼女の演奏している曲目を他の人と比べてみたりしました。その中には今まで何度も聞いたことのある人たちの演奏も沢山ありました。改めて彼女の演奏をフィルターとして、それらの今まで馴染んできた演奏を聴くと言う作業です。それはそれは楽しいものでした。そこでの発見も、彼女の演奏がただ技巧を衒ったものではない、ということでした。

彼女がよくプログラムに載せるのは近代から現代にかけてのものです。特にロシアものが目立ちます。チャイコフスキー、スクリャービン、ラフマニノフ、プロコフィエフ、ショスタコービッチ。チャイコフスキーを除くと、日本人にはとっつきにくい音楽で、聞くだけでなく演奏も日本的感性の延長に置いては弾ききれないやっかいものたちです。技術的に高度なテクニックが要求され、しかもロシア人たちのこってり量好みは、文学の世界だけでなくピアノ音楽でもおなじです。ロシアのピアノ音楽からはロシア人の重く篤い民族性がうかがえます。
ロシアのピアノ音楽は聞きにくいと長いこと遠ざかっていて聞くのを避けていたのですが、彼女が演奏しているため、それを通して聞く機会が与えられ、与えられただけでなくロシアのピアノ音楽が何を言いたいのかに少し近づけたのです。ロシアのピアノ音楽を楽しく聞く日が来るなんて想像していませんでしたから、嬉しいかぎです。

さてこのピアニストですが、冴え冴えとした技術だけでなくポエジーと呼んでいいものがあって、音楽が無味乾燥なものにならないのですから、しっかりとした音楽性を備え、それに支えられた超絶技巧のビアニストと言っていい超人です。伝統的な西洋の演奏スタイルの上に位置できないと評価している人がいますが(彼女の舞台衣装も物議を醸し出していますが)、それだからと言って劣っているわけではなく、東洋が生んだ新しいピアノ演奏スタイルだと見たら、しかも西洋の伝統が情緒的感性と呼んでいるものとはちょっと違った、東洋的・直感的感性からの贈り物と考えたら、彼女の演奏に対して音楽界は新しい位置付けが必要になって来るようです。

彼女一人の例から、西洋の伝統が東洋に移ったとは言い切れないですが、西洋の、ファウストのプロロークのヴァークナーの台詞が象徴的に言い表している「悩む文化」と、東洋の「直感的な迷いのない透明な文化」とが今活発に交錯している中で生まれた新時代のピアノの騎手と見ることもできると思います。

西洋と東洋の関わりの間に何か新しい衝動が動き始めているのかもしれません。
よく似たことは過去、いつの時代にも色々な状況で起こっていたことで、しかもそれを引張て行ったのはいつもとんでもない天才たちでした。
王羽佳、西洋読みすると、ユジャ・ワンさんがピアノを通して見せてくれたことは、この先多くの人によって受け継がれてゆく新しい波ような気がしてならないのです。
彼女の今後のご活躍をお祈りいたします。

朝は金、ゴールドを運んでくる、一日の不思議

2017年5月1日

この諺は朝をたたえたドイツ語の諺で、詩情がありもともと諺があまり好きでない私でもうっとり朝の静謐さに浸ってしまいます。
ドイツ語では「Morgenstunde hat Gold im Mund」と言います。
爽やかな朝のひと時、特に天気の良い日は、一日のうちでも特別な時間帯で、いい仕事ができそうな気分になるのは私だけではないようです。ゲーテが晩年ファウストの第二部を書きあげた時、書いたとは言っても口述して秘書が文字にしたのですが、仕事はお昼までだったと読んだことがあります。作曲家のシューベルトも午前中に作曲して、午後からは散歩に出たり、夜は友達と音楽したり音楽会に出向いたり、あるいはいっぱい飲みに出かけたりしていたそうで、作曲は専ら朝が運んでくるゴールドから直感をもらってやっていたのでしょう。午前中だけで8曲の歌曲を書いた日もあるということです。

ただ直感の源は何かと考えてみるともう少し深いところに話が行きそうです。朝のすがすがしさはもちろんなのですが、大事なのはそれよりも、どちらかというと、眠りから覚めたとき、余韻として残っている「眠っている間の体験」のような気がするのです。睡眠中に何が起こっているのか、私たちは知らないわけです。いつの日か解明された時には、もしかすると革命的なことが精神生活を理解する上で起こるかもしれないのです。きっと起こります。しかし今のところ寝ている間のことは謎です。

朝、目覚めた瞬間、時々ですが、私はなんでも知っているような気がすることがあります。とはいっても、誰かに面倒臭いことを質問されても、それに答えることはできないのですが、それとは別のところでなんでも知っているような気がするのです。どこにも根拠がないのですが、ありとあらゆることを知っているような気がするのです。
ところが一日が終わる夜になると、こんどは全く逆で、私は何も知らない、まるで小さな一点にまで押しつぶされたようなつまらない人間に見えてしまうことがほとんどです。その日、楽しいことがたくさんあっても、つまらないことばかりの連続であっても、基本的には変わりがなく、夜はつまらない惨めな粒のような人間に見えてしまうのです。

一日は時間の量からいうと、24時間からなっています。そして構成的には朝から昼になりそして夜が来るのです。しかし私には、一日という単位はただ時間が流れ過ぎ去ってゆくだけではなく、何か別の意味があるように思えてならないのです。特に起きている時と寝ている時の違いを考えるとまるで手袋の表と裏のような、一つであり別のものです。私が目覚めの時に感じる自分と夜寝る前に感じる自分の違いも同じ一日の中で起こっていることなのです。

ゲーテは昼を過ぎて午後になるともうインスピレーションが湧かなかったので、仕事は午前中で切り上げたそうです。もしかすると夜の体験が薄れて行ってしまったからではないのでしょうか。シューベルトには興味深い話があります。真夜中に目が覚めて、ろうそくの薄暗い光の中でピアノ五重奏の「ます」を書いたという言うことが言われていますが、単なる逸話ではなくその時不注意にもこぼしてしまったインクのシミが楽譜に残っているのです。真っ暗な夜、薄暗いローソクの光の中で、あの明るい日差しの中できらきら光る「ます」のメロディーが思い浮かんだのです。

寝ている間の体験は、夜というイメージとは裏腹にとても明るいもので、その体験は光に溢れているものなのかもしれません。

エフゲニー・キーシンのピアノ

2017年3月31日

エフキニー・キーシンは今年四十六歳になるピアニスト。久しぶりに彼の演奏を聴いて、YouTubeでしたが、目から鱗で、ノートパソコンからの音なのに釘付けになってしまいました。同時に演奏の持つ奥深さを教えられた思いがしたので報告します。クラシック音楽は作曲する人と演奏する人に分かれています。その演奏の側のもつ神秘はなかなか体験できないものですが、キーシンの演奏で久しぶりに演奏の不思議に出会えた思いがしたのです。

四十六歳のピアニスト。これだけの説明なら私の周りを見渡すだけで幾らでも居るので珍しくはないのですが、すでに演奏活動三十五年となると、世界広しといえど彼の他に何人数えられるでしょう。十一歳ですでにコンサート歴を持つ早熟な少年でした。早熟に焦点を当てれば、他に何人も居るのでしょう。今日の社会的な傾向でもありますから、五・六歳くらいの子どもが大人顔負けの演奏している様子が動画にアップされています。が、キーシンの素質はその後も着実に成長を遂げたことで、しかも彼だけが到達できる高みに到達したことです。
彼は音楽コンクールに縁のない人で、今日音楽活動をする上で(商業的にということです)不利を強いられるわけですが、そんな逆風をものともせず、高い評価を得て、世界をまたにかけて精力的に演奏活動を行なっています。

私を釘付けにしたのはシューベルトのピアノソナタ17番ニ長調D850でした。実はこの曲、今までどう聞いたらいいのか分からずにいた曲の一つで、好きで繰り返し聞くシューベルトのソナタですが、この曲だけはいつしか避けて通るようになってしまっていたのです。
ニ長調の難しさ、シューベルトとニ長調は相性が悪いのだと心の中で決めていた節もあります。そもそも歯切れがいいのがニ長調ですが、度がすぎるとシューベルトではなくなってしまいます。あるいはメロディーに拘りすぎるとニ長調が後ろ髪を引かれるようなモタモタしたものになってつまらないものに変わってしまいます。じつに厄介な曲なのです。
そのシューベルトのニ長調がキーシンの演奏で蘇った、そんな思いで聞いていました。
キーシンという演奏家が紡ぎ出すピアノの音には驚くほどの幅があります。鋭い覚めた音から瞑想的と言っていいほどの眠り込んでしまいそうなとろける音まで自由自在に弾き分けます。ところがその一つ一つは、技巧的ではなく、キーシンの人となりに裏打ちされているので全く嫌味がないのです。この点ではチェロのエマヌエル・フォイアマンによく似ています。キーシンが弾いているというより、キーシンは音楽に誠実なだけなのだという気がします。演奏は解釈ではなく、音楽が求めているものを聞き分け、それに忠実に従っている、そんな誠実さです。
特に感銘を受けたのはどんなに早くなっても一つ一つの音に責任が感じられることでした。音が大きくなるところでも唯音量として大きな音というのではなく、しかも勢いに任せて弾いてしまうということもなく、どの音を一つ取ってもキーシンの演奏意志のコントロール下にある素晴らしいものでした。一音一音に全く隙がなく、この曲の隅々まで味わうことができたという満たされた演奏でした。
Evgeny Kissing plays Schubert and Scriabin – YouTube