倫理、あるいはモラル

2020年5月4日

倫理、モラルという言葉に、今まではずいぶん振り回されてた様な気がします。

簡単にいうと、何か良いこと、善なることをしなければならないという、半ば強迫観念のようなものが付き纏っていて、その辺のありようが性分として苦手だったからです。

ところが、最近になってだんだんその桎梏から解き放されているように感じています。

そのきっかけになったのが、倫理とは何か特別なものではなく、物事を持続させるために必要な力だという理解に達したからだと思っています。

 

ドイツの諺に「嘘は短足」というのがあります。直訳したわけですが、意味を汲んで訳すと、嘘は長くは歩けないとなります。嘘はすぐにバレてしまうので長くは続かないということです。

嘘も方便という言い方もありますが、こちらは大切な処世術です。この意味は嘘をつくことが本意ではなく、嘘を善意に、前に導くために用いているわけで、嘘を肯定しているのではなく、アイロニカルな、あるいはユーモアを含んだ逆説的な表現のはずです。基本的には嘘はよくないと認めた上での含みのある言い回しです。大人の味がします。

 

さて、話を元に戻すと、倫理は長続きさせる力のことだったのです。ということは嘘の反対です。嘘では物事は長続きしないからです。嘘をゴリ押しして、権力を後ろ盾にプロパガンダとして、嘘でもなりふり構わず百回いえば本当に聞こえてくるなどと言う言い方を私は認めません。

一般的には嘘の反対は正直と言うことになっていますが、この形では深いところには達しないと思います。正直とは本当のことを言うわけですが、この本当のことと言うのが難しいことだからです。知らないうちに権力と結びついてしまうと、本当らしく見えるものが後から見れば嘘だったと言うことにもなりかねない、危なっかしいものなのです。これでは、子どものやっている、嘘・本当ごっこのような遊びの延長です。

 

ですからここで、嘘の反対を正直者であれということに結びつけると、私が考えている倫理から遠ざかってしまいます。

では倫理はどこにあるのかと言うと、善悪で片付けられないところにあるのです。善悪の彼岸でもなく、善悪以前でもなく、善でもなく悪でもないところにあるのが倫理です.結果として善という事はあっても、善を目指してしまうと、倫理から外れるのです。もちろん善を装った悪などは言語道断です。

 

物事を続けるために必要なものというと、すぐに制度のようなもので整えることを考えますが、制度と倫理は相当違います。制度化するとそこにはすぐ権力という罠が仕掛けられてしまい、せっかく味のあるものが、人間関係などでヒエラリルキー化してしまい挙げ句の果てに硬直化してつまらないものになってしまうことが多々あります。制度化も必要な要員ですが、それだけではない別のものが必要になってきます。それが働いていないと物事の持続は望めないのです。とは言っても結局は見えない力のようなものですから、それがそこで働いているかどうかということは証明できないのです。という事は今日の思考的習慣からすると、ないものになってしまいます。残念ながらそれが倫理なのです。倫理については、個人の主観に任せられてしまい、何を言ってもいいということにすらなってしまうものなのです。

 

倫理というのは元々存在している力ではないということにも触れたいと思います。本能ではない、つまりどこかにあるものではないということです。唐突ではが、自由によく似ています。選択の自由はわかりやすく、それが自由だと考えてしまいがたちですが、自由というのも、究極的な言い方をすれば、どこにもないものなのです(いつかこのことにも触れたいと思います)。

倫理というのは社会的に、公共の場にあるものではなく、そしてこれは特に大切なことなのですが、いかなる権力のもとにもなく、個人の意識の持ち方次第で作られるものだということです。つまり倫理は意識の産物で、意識が低ければ低い倫理がそこにあり、意識の高い人のもとには高い倫理があるということです。

意識の高さというのは、自意識からどこまで解放されているのかということだと思っています。自意識から解放された意識は、そもそもは祝福されるべきものなのですが、ある意味では危険な状態に陥ることがあります。それは境界が消えて、自分がわからなくなってしまい、意識だけが無限に広がってゆくこともあるからです。

では倫理のための修練はどんなものなのかということですが、自意識をなくすこと、それが一番の近道のような気がします。

 

 

 

 

 

言葉は唐突に生まれるほど新鮮です

2020年5月3日

今日は取り留めなく、言葉について書いてみます。私が言葉とどう生きているかという側面です。

 

言葉にするというのは結局は決めてかかることに他ならないはずです。定義づけをするというほど大袈裟でなくても、言葉にしたことで、規定し、そこから制約が生まれるのです。

ですから、言葉にするというのは、お節介な、傍迷惑なことだと思うことがあります。

しかし言葉にしたいというのが生来の癖なので、心の中に去来することを言葉にしようとしています。それが私が講演を今まで続けてきた原点です。

 

生きて、感じているから、その感じていることを、そこで考えたことを言葉にしようというのではないのです。何かを伝えようという使命感で言葉にしているのではなくて、言葉にしながら、言葉にするという働きの中で、自分は生きていると手応えを感じているのです。ここのところはわかりにくいかもしれませんが・・。そして言葉になったものを自分で眺めながら、そうなんだ、そうだったんだと感心したりしています。発見があるのです。私がもし使命感のようなもので講演をしていたら三年も続かなかったに違いありません。生きている手応えを感じながら喋っていたので、今まで続けられたのです。もちろんこのままいつまでも続けられると思います。

 

私にとって言葉は言いたいこと、伝えたいことを述べるための道具ではないということです。講演をしているときに、ある言葉がふと思い浮かぶことがあります。話していることとは無関係な言葉が脳裏をよぎるのです。放っておけばいいものかもしれません。普通はほったらかしにしておくのでしょう。そうしておけば、いつの間にか忘れてしまう程度のものなのでしょうが、私にはもったいなくてほったらかしにはできないのです。どうするのかというと、講演の中で、ある程度話が進んでいても、話の腰をおるようにその言葉を口にするのです。

ありがたいことにそれは言葉とは言ってもイメージ的にモヤッとしていますから、話を聞いている人に気づかれないように、カモフラージュできるので、唐突に話の流れを大きく変えるということにはならないので、聞いている人には気づかれていないと思います。しかし話をしている私自身はびっくりしてます。なんでそんなことが今ここで出てくるのかわからないのです。だからと言って話をやめるわけにもゆかず、その言葉によって生まれた新しい目的に向かいます。今までとは違う方向のことがほとんどで、内心はヒヤヒヤ、ドキドキで懸命にやっています。実をいうと、半ば放心状態というのが本心です。放心状態なのですが、この時ほど講演をしていて緊張している時はないのです。汗だくで話をしていると、このスリリングなところを通り越す瞬間があります。ほっとすると同時に快感でもあります。そして私自身でも考えたことのないような新しい地平線が見えてきます。

 

講演会のためにどんなふうに準備するのかというと、テーマについて下調べをするということはしません。一切しないと言ってもいいと思います。いろいろな出会いの場で、話をする機会をもった人の話が講演のための準備といえば準備です。

いろいろな人がいろいろな人生を送っているということに出会う時ほど、生きていることを実感することはありません。そこで使われる言葉がその人の人生そのもののように生きている時、人生という現実が生々しく私の前に繰り広げられます。それは単なる情報というレベルのものではなく、とてもリアルな現実で、それはまさに生きた百科事典なのです。そこで使われている言葉を噛み締めながら味わっているものが私の体に溶け込んで、私の講演の準備となっているのです。

 

おかげさま世界観、あるいは誰でもない誰か。

2020年4月24日

自宅に閉じ込められ、コンピューターの前で過ごす時間も多くなり、普段できない検索に時間を費やしているためか、私のブログにたどりつく人も増えて、見ず知らずの人からとてもラッキーなコメントやメールをいただいて楽しんでいます。

その中で最近いただいたウィーン在住の日本の方からいただいたコメントがとても新鮮で、この機会に改めてコメントをいただいたブログを読み返してみました(ドイツ語の非人称代名詞Es、すなわちIch 。2012.7.23発表のブログです)。

タイトルからわかるようにドイツ語の文法の世界を扱ったものです。文法と聞いただけで顔をそむられる方もいると思います。確かに一般向けではないのですが、文法というのは何も文法の時間と文法のテストのためにあるのでは無いと言う点からすれば、国語や外国語の先生へのメッセージだということです。

文法は人間の生き方、考え方、感じ方に関わるものです。ところがそのことを教える先生方も忘れているようなので、そのことを喚起したくて書いたものでもありました。文法には、民族のある時代の特徴的な生き方のスタイルが窺えるもので、そのスタンスに立てればとても魅力のあるものですと言いたいのです。

 

ヨーロッパは中世から近世に移行するところで大変革がありました。神という概念を盾に猛威をふるった宗教支配からの脱皮と言われるものです。しかし中世のヨーロッパには別の側面もありました。宗教支配は一方通行ではなく、民衆の中に宗教を支えるものがあったのです。

現代の歴史的解釈からすると、暗黒の中世という言い方をされてしまいますが、今日のように、見えているものだけに光が当たっているのだという考えからすると、見えないものは物質を照らす光が当たっていないので、暗黒に写ったと言うことなのでしょう。しかし見えないものを照らす光があるということを中世の人たちは信じていたのです。いやそれどころではなく、確信していた中世の人にとっては、見えない神仏の世界は暗黒ではなく、日本語でよく言われる「おかげさま」の源だったのです。

そのことを暗示するかのような現象が実は古いドイツ語の文法の中にみられます。文法用語では二格、genetivと呼ばれているものです。genetivという言葉は天と繋がるという意味で、天才のことをgeniusと言いますが、点に繋がった人という意味です。

忘れな草(勿忘草とも書きます)という可愛らしい美しい青色の植物の名前は、ドイツ語でVergissmeinnicht、「私のことを忘れないで」と言います。忘れるというのは、今日では「誰かが何かを忘れる」、つまり「私はそんなことをすっかり忘れていた」と言うふうに使います。しかしかつては「私のことを神の加護で覚えていてください」という、少し無理があるかもしれませんが、祈りのこもった訳になると思います。

私流の言い方をしますと、ドイツ語にも「おかげさまで」という感性が存在していたのです。日本語でしか聞かれないような言い方だと思っていましたから、この発見は嬉しい驚きでした。そして私は二格、Genetivをおかげさま格と呼ぶことにしたのです。

この二格という目的格ですが、今日では、ただ一つの例外を残して、使われなくなっています。二格目的をとる動詞は「死んだ人を偲ぶ」というGedenkenだけです。この動詞だけが二格の目的語を取らざるを得ないのです。どうしてかというと、死んだ人は目に見えない訳で、はっきりと目の前で目的対象として扱えないものなのです。つまり二格という目的格は、見えないものを目的対象にしているということなのです。しかもそれが今日の「非人称代名詞」という、謎めいた言い方の中に姿を変えて留めていたのです。

 

よく、マイクロフォンのテストとをする時に「本日は晴天なり」と言います。これは翻訳です。英語の「It’s a fine day」、ドイツ語の「Es ist ein gutes Wetter」が原型です。どちらも主語になっているのは、非人称の代名詞という曲者です。なぜ曲者かと言うと、誰だかわからないからです。主語が誰なのか、なんなのかわからないと言うことです。主語とは行為を起こしている人あるいはもののことですから、この文章は論理的に考えたら成立していない文章です。わからない存在によって本日は晴天なのです。

言語学的、文献的には苦し紛れにでも訳を作らなければなりません。そこから生まれたものですが、正直、奇妙な訳です。なぜなら本日が晴天を作っているわけでは無いからです。晴天を作っているのは誰なのか、それは科学的にも今以って謎です。

 

 

おかげさまという感覚は、日本のお家芸ではなく、ヨーロッパにも昔はあったのです。その「おかげさまで」という言い方が無くなったと言うことは。人々がそのようには考えなくなったと言うことです。しかし昔あった習慣はすぐに消えてなくなるものではありません。ヨーロッパでは、近代以降今日に至るまで、それまで「おかげさまで」と言っていたものをどこかに隠したのです。

結論を言うと、隠したとは言っても隠し切れるものではなく、しかもどこにも持って行けず、唯物的世界観の中で、持て余したのです。しかしおかげさまが消えてなくなったわけではないので、いつかまた別の形で出現する日があるような気がします。それがどのようなものなのかとても楽しみです。

 

主語が特定できない時、つまり行為を引き起こしている人やものが特定できない時、現代語では、苦し紛れから登場した非人称代名詞が使われます。そこには、誰でもない人がいるのです。何物でもない物があるのです。昔は神様だったものです。

この文明の進んだ現代社会にあっても、ヨーロッパ語ではこの幽霊のような存在を主語にして話をしているのです。It’s a fine day、Esist ein gutes Wetterは、なんだかわからないがとりあえずいい天気だ、と言う訳でいいのかもしれません。

中世を暗黒と呼ぶ訳ですが、その暗黒は今でも後ろ髪を引かれるように姿を変えて現代を闊歩していると言うのが現実なのではないか、そんなふうに考えるのです。