音楽の中の風景、シベリウスという作曲家

2021年12月31日

音楽と風景の結びつきについて、有名な逸話は、作曲家てあり指揮者でもあったグスタフ・マーラーの弟子が夏の休暇に遊ぶ先生のマーラーを訪ねた際の話です。駅に降り立った時に目の前に広がる風景があまりに素晴らしかったので、見惚れていると「この風景はみんな私の作曲の中で音楽になっているからそれを聞いて貰えばいいと、そそくさと迎えの車に乗せ山小屋の方に向かったということです。

昔からクラシックの音楽を聞いているとよく風景が出てきたものです。これは私だけのことではなく、音楽好きの友人たちと話している時によくテーマになったものでした。

却ってベートーヴェンの六番の交響曲、ニックネームが田園交響曲です、からは鳥の囀りとか、水のせせらぎを模した音が聞こえてはくるものの、風景らしいものは見えてきません。

音楽に聞こえるというのか、音楽の中に見えてくるというべきなのか、そこに出没する風景は私にはとても懐かしいものなのです。よく知っているのです。

 

最近発見した音楽家にフィンランドの作曲家シベリウスがいます。二十世紀初頭の人ですから、発見されたとは言えないのですが、今までは名前ぐらいしか知らなかった人の音楽を、最近になってようやく一生懸命聴いているのですから、やっぱり発見に近いものです。

昔はこの作曲家の音楽、特に交響曲はどのように聴いたら良いのかわかりませんでした。でからレコードもCDも持っていません。

何年か前の誕生日に友人が「シベリウスって聞いた事があるか」と言って交響曲の全集を持ってきたのです。「ヴァイオリン協奏曲、ピアノ小品集ぐらいはしつているよ」と答えると、友人は「交響曲がいいんだよ。聞き終わったら返してくれ」と押しつけるようにCDの全集を置いていったのです。それをつい最近取り出してどんなものかと聞き始めたのです。友人は私にシベリウスのCDを押し付けてきたことを忘れていました。さて聞き始めたものの初めは昔のようにどこに焦点を合わせたら良いのかわからずに聞いていたのです。ところがある時、他のことをやりながら、所謂ナガラ族的に聞いていると、ボワーと何とも言えない景色のようなものが目の前に広がっているのです。別の交響曲を聞いてもやっぱり風景が広がつているのです。「面白いなあ」と独り言を言いながらその日は三枚ほどいっぺん聞いてしまいました。三枚目あたりから、単なる風景ではなく、フィンランド人のシベリウスを取り巻いているフィンランドの自然を彼は音楽にしたんだとワクワクしてきました。

自然を描写するとかいうものではなく、自然の中にいるシベリウス自身の姿が見えてくるようなのです。私がその昔ノルウェーとスウェーデンを旅行した時のことを思い出すこともありました。北欧は中央ヨーロッパとは光が違います。とても栄養価の高い光だと思います。光が強過ぎて圧倒されてしまいます。その結果どうなるかというと北欧では思考が停止してしまいます。考えられないのです。

シベリウスの音楽が苦手だった頃は、音楽を思考するものとして聞いていたのだと思います。最近はそんな力みが抜けたのでしょうか、ぼんやりと聞く事ができるのです。そこに出てきたのがフィンランドの自然でした。とても透明な自然です。昔の中国の山水画のように人間は大自然の中にポツンと生きているのです。フィンランドは人間よりトナカイの方がたくさんいるとか、人間の数以上の湖があるとか言われるように、自然は人間を凌駕した力を持っています。

シベリウスが自然を作曲しようとしたのではないことが、彼の音楽を聞き応えのあるものにしています。作為的なものではない、自然に誘われるままに音楽が生まれたようなので、とてもリラックスして聴く事ができます。

この歳になって、こんな楽しい発見があるなんて、人生捨てたもんではないですね。

再び国語のこと

2021年12月30日

国語を掘り下げれば言葉との関わりに突き当たります。

結局はどのように言葉を習得するのかということです。

厄介なのは言葉は小さい時には自習できないものだということです。自分だけで勉強してものにできるというものではなく、周囲の言葉遣いからしか学べないので、そこに運命を感じてしまいます。周囲の大人が言葉をどのように使っていたかが決定的なことのような気がします。

国語というのが小学校から教科として設定されているのはいいことですが、国語の時間に教えられている内容は国語力を強めるものではないような気がしてならないのです。

読めたり書けたりする、使える漢字が増えることは頼もしい成長です。語彙数も同じように大切です。文法とか、読解力のようなものを国語の時間では勉強しました。読後感想文なども書かされました。しかしそこで国語力が作られたかと聞かれれば、大切なところが抜けているようで首を傾げてしまいます。

大切なところというのは、自分の使っている言葉が周囲に、相手にどのように受け止められるのかを感じる感性です。相手があっての言葉だと思うのです。

文章のセンスのある人たちは、ここのところにとても感度の良いものを持っているのでしょう。勿論訓練で磨くこともできるでしょうが、言葉のセンスですから、成人してからはとても難しいものがあります。

 

国語力と言うのは社会全体が問われる問題のようです。メディアも国語力のいったんです。特にテレビの影響は大きいです。こんにちではインターネットの影響で昔ほどではないにしても、テレビでお笑いの人たちが下品なやりとりをしているのは見ていて辛いものがあります。綺麗事を並べれば良いのかと言えばそんなことで解決するものではないのですが、良い言葉を聞くと言うのが国語力を支えることは確かです。勿論読書はおすすめです。

読む事が大事と言うのは、外国語の習得の時に何度も言われたことでした。会話の練習はパターンがあるような気がしますが、文章と言うのは作者の世界に入り込まないと、感じられないものですから、そこで苦労して文章を解き明かす訓練をすることで、日常生活にもそこでの学びが反映されます。

声に出して読むと言うのは特別です。私の場合は「星の金貨」という短いグリム童話を暗記して空で話せるまで覚えました。初めはわからないのですが、だんだん氷が溶けるようにわからないことが分かるようになってゆくのです。それもある日突然分かったりするのがとても不思議でした。そこで覚えた文章を日常会話ですぐ使えるかと言うとそんなことはないのですが、なんとなく自分の言葉に広がりを感じるようになれるのです。そして今自分が使っている言葉が、言い方が、どこに位置しているのかが体得できるようになるのです。ということは相手がどのように聞いているのかを追体験できるようになるのです。

外国語を学ぶ時の話でしたが、基本は自分の言葉にも当てはまります。いや自分の言葉をどこまで感じながら使っているのかの上に外国の言葉も上積みされますから、やはり国語力がどこまで行っても大切なようです。

 

 

国語・算数・理科・社会の中の国語力

2021年12月27日

国語・算数・理科・社会、小学校の時の主要科目です。
国語が一番先に来るのは、国語が一番大事だと考えていたからでしょう。
読み書き算盤と言っていた寺子屋時代を見ても、国語が一番大事だったことが伺えます。

国語の力と言うのは、読めたり書けたりできる漢字の数などではなく、言葉の理解力、文章の理解力と言うふうにも言えるのでしょうが、言葉という海の中を泳ぎながら言葉に溺れずに浮かんでいられる力のことです。
時々言葉音痴と呼びたくなるようなお子さんに出逢います。大人もたくさんいます。その人たちは言葉の海に浮かんでいられないので、「カナヅチ」と呼ばれ溺れてしまいます。

この国語力を高めるにはどうしたらいいのかと言うのに答えらしいものはないのです。
この国語力というのは不思議なもので、そのためのドリルがありません。
コンピューター、スマホの普及で、最近の子どもたちの国語力が低下したという発言を時々聞きますが、私はあまり信じていません。
国語力と言うのは何か特別なドリルを使って訓練すればつくのかと言うとそうではないように、コンピューターやスマホが普及した程度のことで、致命的な打撃を受けているものでもないと考えているからです。少しくらいは影響があるでしょうが決定的な影響ではないと思います。

では何もしない方がいいのかと言うとそんなことはなく、小さい頃からの読み聞かせ、それと少し大きくなってからの読書からものを理解したり感じたりすることを繰り返すのは国語力の下地を作るには大いに役立つと思います。
私は国語力のためのものがまだあるような気がしているのですが、今は思いだせません。

国語は文科系と相場が決まっていますが、私は理科系でもあると思っています。
理科系の人でも国語力がないと論文を書く段になって、考えた事や発見した事柄をまとめる力がないですから、せっかくの物が日の目を見ないで終わってしまうのです。数学も物理も生物学も機械工学も言葉に支えられている部分が案外多いものです。
そもそもロゴスは、言葉とまず訳されますがもっと包括的な言葉です。馴染みやすいのは「初めに言葉があったむ」というわけです。この時の「言葉」は「ロゴス」のことです。そしてロゴスというのは、数学、物理といった理解系を支えているロジックの大元なのです。ですからどう見ても国語は文化理数系ということになりそうです。

ただ国語力の中でも表現力と言うのはこれまた別で、本をたくさん読む人が必ずしも表現力を読書で鍛えているかと言うと、直接の繋がりはないようです。読書はインプツトで、表現力はアウトプットですから、国語につづく算数理科社会からの沢山の情報量がものをいうもので、それらによって鍛えられた想像力によって表現力は培われているようです。
言葉を立て板に水のように喋りまくったからといって表現力があるとは誰も言いません。案外訥弁の人の方が接得力があったりするのですから、言葉の量ではなく、言葉の質が問われていると言えそうです。

国語力は、最後にいっておきますが、とどのつまりが言葉をも超えた力に支えられていると思います。
そもそも国語力が問われるのは小さな子どもの時ではなく、成人してからです。
つまり何が言いたのかというと、言葉で考えることを超えて直感的な感性をとぎすまることが、国語力を育成するために大切なことのような気がしているのです。言葉を超えるためには言葉の海をしっかり泳いで、泳ぎ切った時に新しい水平線が見えてくるのだと思います。