カズオ・イシグロ、「日の名残り」。

2017年10月7日

日の名残り、The remains of the day、をはじめて読んだ時、これは源氏物語に通じているものだと直感しました。
この本に出会ったきっかけは、「わたしの英語を焼き直したい」と思い立った時です。お隣に住んでいる女性で、長年英語、フランス語、スペイン語の通訳と翻訳をされていた方に、「一緒にヘミングウェイを読んでくださいませんか」とお願いした時にさかのぼります。今から四年前の話です。その方は、定年退職されて五年目で、「ヨーロッパの言葉でない言葉を学びたい」と思い立ち日本語を学んでいるところで、そのことを偶然に聞いて知って、「英語と日本語の交換授業をしましょう」と提案してみたのです。それから一週間に二時間の交換授業がはじまりました。最初は私の希望通り、ヘミングウェイを読んでいたのですが(私の方からは英訳がついた子ども向けの古事記の絵本でした)、「彼の文章は省略が多すぎるので英語の勉強には相応しくないからカズオ・イシグロの本を持ってきました」と言って日の名残りを机の上にさしだしたのです。「決して易しくはないですが、英語の文章が綺麗で、繊細で、しかも複雑なことがとても素晴らしい英語で書かれています」とさっさとヘミングウェイを取り下げてしまったのです。

カズオ・イシグロの文章を英語で読む、これは相当の語学力が必要です。私が独力でこの本の英語に接していても、もちろんゆっくりしか読めませんが、読み続けることはできなかったでしょう。英語に精通した助っ人に感謝しています。私の助っ人は助っ人で、ゆっくり読むことで発見したものがあるようで私と一緒に感動しています。
遅々としたテンポは私からのお願いでした。できるだけ深く一文を読解したかったからでした。一字一字、句読点の取り方なども含めて、納得の行くまで文章を読み込んでみたかったのです。カズオ・イシグロの日の名残りの文章はそのためには最適でした。

私たちの交換授業が一年経った時、日本で橋本武という国語の先生が、灘中学校で三年間、中勘助の「銀の匙」を教材にしていたことを知りました。しかも遅々とした授業で、深く突っ込みながら、きめ細かく読み込んで行く授業方法だったようです。それが今の進学学校灘校の基礎を作ったことは卒業生たちの発言からはっきりしています。

カズオ・イシグロの文章はゆっくり読むべきものです。ゆっくり読むと実に味わい深い文章です。

ドイツでこの本が評判にならなかったのは不思議です。執事という制度がないこともあるのでしょうが、ひとえに翻訳のせいだと信じています。ドイツ語の訳は悲惨です。執事の発想が言葉にならないのです。日本語訳はそれから比べると出来過ぎぐらいの名訳です。テンポが少しだけ早すぎるところがあえていえば難点と言えるかもしれませんが、直訳を避けているところが素晴らしく、雰囲気までもがうまく訳されています。

ストーリーがどういうテンポと広がりで繋がって行くのか、これはどうでもいいことではなく、英語でこの本を読んだ時に感情の機微の正確な描写、執事と主人の間の時間の流れに感動したのです。そしてすぐに、「源氏物語と同じようだ」と感じたことがこの本を読み続けられる原動力になっています。

カズオ・イシグロの本の中では「日の名残り」が彼の持ち味が遺憾なく発揮されているものだと信じています。英国社会特有の執事の話です。ご主人様に仕える人のことを書いているのではなく、仕える立場を全うする人間の眼に映る世界がテーマです。しかし心理学的説明はなく、生々しい感情の動きが正確に描写されています。自分であることより仕える立場を優先したらどんな人生が展開するのでしょうか。そこには正しいとか間違っているとかが入り込む余地はあるのでしょうか。仕える人の自由はどこに見出されるのでしょうか。あるいはそこにそもそも自由はあるのでしょうか。自らの感情を執拗なまでに抑えて生きてゆくのです。執事は奴隷ではないですから、自分で判断する空間はあるのですが、自分で判断しながら、同時に仕えている立場という成立しないものを成立させるのが執事と言えるのかもしれません。カズオ・イシグロは淡々と語り続けます。深い哲学に血が通うのがこの本です。
この執事の立場に目をつけて、そこでも自由の解決の糸口を見つけられるのか、イシグロは全力投球です。しかしそこには読者を誘い込むような時間が流れるのです。私はここが彼のユーモアだと信じています。私には、いい本とかいう評価ではなく、ありがたい本なのです。

子安美知子さんを偲んで

2017年7月29日

七月二日に子安美知子さんが肺炎で亡くなられました。はちじゅうさんさいでした。
心からご冥福をお祈りいたします。

子安さんを世に知らしめたのはお嬢さんの文さんが通われたドイツのミュンヘンにあるシュタイナー学校の様子を報告した「ミュンヘンの小学生」でした。この本はベストセラーになり、瞬く間にシュタイナー教育なるものを日本中に広める一役を担うことになったものです。
シュタイナーのことは建築家の間や、神秘主義に興味を持つ人たちのあいだでは、知る人ぞ知るという程度ですが、語られていた人物ではあったのですが、この本によってシュタイナーは一躍有名人の中に名を連ね、一般の人の間ですら教育者として話題になるところまで広がっていったのでした。

子安さんのこの本によってシュタイナー教育は瞬く間に日本中の教育に関心のある人の間で語られるようになったわけですが、一方で教育が問題化していた当時、とくに学内暴力、不登校という現象が明るみになっていた当時の教育の世界に、シュタイナー教育が子供達にとって理想郷のような印象を植え付けてしまったことも確かで、その両面をここで付け加えておきたいと思います。それは子安さんだけに責任があるのではなく、日本人の中に潜在する、理性的であるより情緒的な解釈を好む傾向、そして熱しやすい(同時に冷めやすい)民族的な癖がそうさせたのでした。
子安さんは、個人的な四十年のお付き合いから言わせていただくと、とても篤い方だと感じています。知性と情熱がおたがいに引き合い、しかもそれらが渦をなし行動に移すことができる稀有な方と言ったら分かっていただけるでしょうか。おっちょこちょいで、時には勇み足を踏んだりするのですが、自分の非を認める素直さも持ち備えていらっしゃいました。
筆がたち、口も達者、しかも学問的知性に満ちているので、書かれること語られることはとても瑞々しく華やかで読み手聞き手をしっかりと掴んで虜にしてしまいます。魅力というよりははるかに吸引力のある「何か」が子安さんの書かれるものの中にオーラとしてあって、「ミュンヘンの小学生」の場合も、読むものはミュンヘンの学校やシュタイナー教育そのものにひきつけられるというよりは子安さんのオーラに包まれて引き込まれていったと言いたくなるのですが、私の思い込みでしょうか。
子安さんの書かれたものは知的な裏付けがあるとはいえ、読者には情緒的に訴える方が遥かに大で、そのため彼女の文章に触発された読者は、知識として、例えばシュタイナー教育のことなど自分の中にだけ留めておくというよりは、友人とそのことを分かち合いたくなり、その衝動がいつしか人の輪を作る力になったといっていいのではないか、そう考えるのです。数え切れないほどの人の話が生まれたはずです。その結果、ついにはシュタイナー学校を作る動きが「ミュンヘンの小学生」から生まれたということだと思います。
子安さんの最後の仕事となったのは、シュタイナー学校が誕生した時、そこに何らかの形で関わった人たちの思いをまとめることでした。「ミュンヘンの小学生」が起爆剤となって、シュタイナー教育は嫌が上にも広まってしまい、そこから学校作りにまで発展したわけですから、好奇心というよりは責任感から彼女の手で当時の有様をまとめたかったのでしょう。「日本でシュタイナー学校が始まった日」というタイトルでまとめられた本は、生前に本としての形を整えられました。子安さんは満足していらっしゃったのではないかと思います。そこに寄せられた52人からの文章を編集しながら、「ミュンヘンの小学生」から始まった子安美知子という稀有な人生を噛み締めておられたのではないかと想像します。
そして、「これで良かったんだ」と心の中で呟かれていたのではないのでしょうか。

子安美知子さん。あなたから頂いたプレゼントがたくさんあります。その一つ一つは私の人生の宝物となっています。感謝しています。その中にミヒャエル・エンデさんとの出会いがあります。ある日あなたから電話があって、「ミヒャエル・エンデさんに会ってお話をして欲しいの。エンデさんが胃がん手術をした後、仲さんが病気の時に治療に使った、や ど り き 療 法 をするので、実際に使って健康になった人の話が聞きたいというの」ということでした。子安さんからの依頼はいつも突然だったように記憶していくす。早速次の日に、フィルダー病院にエンデさんをお見舞いしましたが、薬の話はどうでもよくなっていて、五分くらい私の話を聞かれた後、二時間ほどほとんど一方的に文学のことを、特にシェークスピアのことをお話してくださいました。退院された後も奥様の真理子さんとあなたとを交えて、シュトゥットガルトとミュンヘンで、四人で会いましたよね。その時、あなたは必ず「ここはドイツだから私のことは子安さんではなく、美知子と呼んでください」と釘をさすように言われたのを懐かしく思い出します。
子安さん。いや美知子と呼ばせてください、今はあなたの何にでも一生懸命に、全力で向かう爽快な姿をあっぱれと感じています。合掌。

2107年秋の講演会の予定

2017年7月3日

秋の講演会を企画される皆様へ

いかがお過ごしでしょうか。
七月に入り夏の日差しが増して来ました。
ドイツの方は一週間おきに猛暑と寒気とが交代しています。

そろそろ秋の日程調節を始めなければならない時期になりました。
予定を組みたいと思いますので、皆様の希望される日をお知らせいただけたら幸いです。

今年は十一月一日を皮切りに、まる一ヶ月を予定しています。
これから皆様から希望の日が寄せられると思いますので、順次皆様とコンタクトを取りながら決めて行きたいと思っております。
今年も、何卒よろしくお願いいたします。

仲正雄