訥々と喋るか、立て板に水か

2024年2月7日

今は時差ボケの抜けるあたりで、少しずつ周囲を感じ始めています。昔一度やった長い瞑想の後、再び現実の世界に戻ってくるような感じです。人間は生活のリズムを崩されるとこんなにも脆いものかと、今回は今まで一番痛烈に時差によるダメージを感じました。考える力すらどこから得たらいいのかわからない有様です。

そんな中、手前味噌ですが、YouTubeで聴ける私のライアーを聴いていました。今手元にライアーがないので、これが唯一のライアーの響きです。

グルックの精霊の踊りを聴いていると、私が弾いているからということもあるのでしょうが、指が弦に触れるところが見えるようです。ピアノは音を作り出すところにいくつものメカが組み込まれ、音が出やすいような工夫が凝らされていますから、ライアーの演奏が聴かせられる音作りの瞬間が分かりにくくなっています。その分誰が弾いてもいつもそれなりの音が作れるという利点は利点で特筆すべきことなのでしょうが・・。

しかもライアーからは弦の震えが聞こえて、ゾクゾクしてしまいました。ピアノの演奏技術は高度に発達した訳ですが、その分失ったものがあるはずなのです。そこをライアーが不器用さを武器にフォローしているのかも知れないと感じました。現代のように、なんでも速やかに機能するようになった社会の中で、人間は本当に幸せを感じているのだろうかという問いもそこにはありました。

握り寿司が自動お寿司作り機から量産されてくる様を目にした時は目を丸くしてしまいました。このお寿司と、寿司職人の握る寿司はを同じだと豪語する人もいますが、今の時点では手で握られたお寿司の方が美味しいと感じる人の方が多いと思います。一分間で幾つ握り寿司ができるかという計算からは、単価のことなども鑑みても機械の方が優れているわけで、そちらの効率を取る生産者もいるはずです。これから機械は近い将来AIが導入され質が進歩するはずです。そうなると見分けがつかないものが握れるようになる可能性はありますが、食べるという本質からは逸脱しているような気がします。食べることが栄養だけで語られることもあります。それでは食事の本質から脱線してしまうのとよく似ています。

音楽が技術的な成果の中で語られると、不器用な音楽の世界は素人臭くなってしまいます。練習に練習を重ねてなされる技巧的演奏は見栄えのする見事なものですが、それ以外の音楽的要素を評価する感性は失われてしまったのでしょうか。饒舌と寡黙の比較もよく似ています。立板に水もいいですがも訥々と喋る人の言葉も味があります。

声のワークへようこそ

2024年2月6日

今回は、一月に患ったインフルエンザの後遺症を引き摺ったまま日本に向かいました。その上にドイツの飛行場の保安管理の職員によるスト騒ぎに巻き込まれて散々でした。そんなこんなでやっと二月二日に羽田に着きました。朝日いたので時差ポケが長引いている中、今度は寒波と雪の洗礼に合い初めの五日の間は全くくたばっていました。

今回は多分最後になるツアーになるのではないかという思いでいますが、声をテーマに仕事ができるので今からとても楽しみにしています。思い返すと昔は随分声のことでワークショップをしたものです。なぜみんなは声に興味が持てないのだろうと正直不思議です。声に目覚め、声が変わると人間そのものが変わるのに、声をテーマすることはすっかり姿を消してしまいました。とても残念な思いです。今回は新しいアプローチで声をみなさんと一緒に声を見直してみたいと思っています。

 

さて、今日あたりからようやく自分の体の中にいる感触が戻ってきました。ここ何日かは本当につらく、イメージが頭の中を巡っていても、体がそれを受け止められなくて言葉にできないもどかしさでいました。そうなると何も書けないものです。私の場合、イメージにも声のようなものが付き纏っているため、それが言葉の声とうまく結びつかないと文章にならないという感じです。今回のワークショップのアプローチは、頭が知的なものを処理する場所とすると、声は身体で感じ知る直感という捉え方です。頭を中心に吸える生活習慣が染みついてしまった現代人から、頭だけでなく身体の方にも役割を引き渡すための力としての声という視点からのアプローチです。頭では知的に意識を鮮明にする訳ですが、声には身体に宿る意識を活性化する力があると言っもいのかも知れません。頭の知性と体の中の声という感じです。頭中心の現代生活はいろいろな弊害を人間にもたらしていることにも気付いてみたいのです。直感に目覚めることで今まで見えなかったものが見えてると信じています。

声は人間の意識全体が響きに変化したものですから、声に興味を持つと、声を聞くだけで他人の意識の状態がわかるようになるものです。人間観察が深まるということにもつながります。また声は発声練習でよくなるものではありません。意識を磨くしか方法としてはないのです。とは言っても意識というのはなかなか厄介なもので、手短なところでは自意識などというものがあり、難しいものでは無意識があり、幅広いものです。声と人間の意識の結びつきは、きっかけが掴めればすぐに理解できるものです。

最後に、最近とみにコンピューターの声が生活の場で増えていることにも触れておきます。YouTubeなどでは特にその傾向が顕著で、以前ほどではないにしても、陰影のないのっぺ棒な深みのない響きとして作られています。長く聴いているとイライラするのは私だけなのでしょうか。ただただ用を足しているだけで、そこには人間の温もりを感じさせるものはありません。声にはそもそも聞き手を温めるという働きもあるので、コンピューターの声だけでは人間生活は冷え切ってしまうのです。これからさらにコンピューターの声が増えることは避け難いのでしょうが、コンピューターの声でないものを聞く耳を持てば、わずかでも堤防の働きを担ってくれるのではないかと思って、声のワークを致します。

万国共通語

2024年2月3日

バベルの塔が崩壊して、それまで一つだった言葉がバラバラになってしまいました。それ以降、民族によって別々の言葉を話すようになったというのが旧約聖書に書かれいます。

そのバラバラになった言葉が今やコンピューターの翻訳機能によって一つにまとまったような感があります。Caht GPTという裏技を使えばどんな言語で書いても、どんな言葉にでも翻訳できるそうで、これを使えは言葉の壁は乗り越えられる訳です。ただ世界中で一つの言葉が話されるというのとは違います。

 

そこを生きている私たちにとって外国語を学ぶ必然性はあるのでしょうか。もちろんそれ以前とは違っているはずのような気がするのです。基本的には苦労して外国語を学ばなくても翻訳機が勝手にやってくれる訳です。ただそれが正しく翻訳されたのかどうかは、確認しようがないですが、翻訳機の性能を知れば、間違いなく翻訳されていると信じていいと思います。

いいのか悪いのかは別にしてこういう時代に生きているのです。辞書を片手に外国語の勉強をした一昔前の姿ですから、そういう姿は石器時代の人が石を削って刃物を作ったようなものに映るはずです。

 

ひと昔ほど前は外国語を勉強することの意味の一つは、外国語を通して自分が喋っている言葉を磨くということでした。外国語ができるようになるためには、自分の言葉をどこまで理解しているのか、使いこなせているのかが大切なことでした。また二つの言葉の使い方の違いに気がつくと、その面白さから自分の言葉に表現の幅がてきたということもあります。

外国語を翻訳することと街区後に翻訳かることがコンピューター任せで済んでしまうということは、自国語を磨く場が一つ減ったということになります。自国語なんて読書や、デスカッションを通しても学べるものというのも事実ですから、外国語を通してというのは単なるノスタルジックな思い込みなのかも知れません。

 

私がこのような状況を踏まえて危惧することの一つは、言葉が「一般的に正しく訳されている」というレベルで語られてしまうということです。例えば今テレビの世界で話題になっている源氏物語の作者、紫式部のことはを考えてみます。彼女の書いた源氏物語は、現代語訳だけても九つあるのです。何が違うのかは読んでみてのお楽しみですが、役したいという衝動に駆られた人がそれだけいるということです。しかも相当の数の外国語で読むことができるのです。みなさん大変な苦労をされて翻訳された訳ですが、これからは様子が少し違います。翻訳を本にすまでにかかる時間はというと、翻訳は一瞬でできてしまうでしょうから、印刷する時間と製本する時間を見るだけで足りてしまうようなものです。

ただ事実を冷たい目で見れば、コンピューターは統計的に間違いのない翻訳をしただけで、コンピュータ自身は自分で良い翻訳をしたかどうかすらも自覚がないのです。私などはそこのところを知ってしまうと、そのような翻訳は読む気がしなくなってしまいます。

 

今日はまだ時差ぼけで頭が回らないのでここまでしておきます。